©Disney

写真拡大

2016年6月1日(水)〜3日(金)に東京ビッグサイトで開催中の業者向け商品見本市「インテリア ライフスタイル」。

【写真118枚】ディズニー最新「インテリア ライフスタイル」グッズフォトギャラリー

今年もディズニーブランドのインテリア商品が一堂に会し、新たなグッズトレンドがお披露目されました。

テーマは「New Standard」。

ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルが揃った「インテリア ライフスタイル」から今後のトレンドをご紹介します。

「伝統と革新」新たなコラボレーションが続々

2016年のディズニー インテリア商品のテーマは「New Standard」。

ウォルト時代からのディズニーの伝統に敬意をはらい、それを新しいものにする、という意味が込められています。

昔ながらのディズニーのイラストを復活させたり、ディズニーを日本の伝統工芸と融合させたり。

今までになかった切り口から、ディズニーを生活に溶け込ませてくれるグッズが目白押しです。

例えば、3DCGで描かれる『カーズ』を江戸時代から親しまれる「前掛け」と組み合わせたもの、日本各地の名産陶器とミッキー、スター・ウォーズなどのキャラクターとのコラボレーションなど。

長年愛されてきたディズニーらしさと日本の伝統が様々な形で融合していきます。

クラシックな「塗り絵」が復活!

映画ポスターなど、クラシックな映画デザインが最近人気ですが、ここに新たなイラストが加わりました。

それが「塗り絵」。

昔多く発売されたディズニー作品の塗り絵のデザインを復刻。

お皿やお弁当箱といったグッズのデザインになりました。

懐かしく貴重でおしゃれなイラストの数々は注目です。

アリス、プリンセス、プー 人気キャラクター展開

2016年7月1日公開の『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』にあわせて、アリスグッズが多数登場。

家具やベッドなどが登場し、映画や実写などあらゆるデザインのアリスが展開されています。

さらに、人気のディズニープリンセスも日本のアーティストによる書下ろしデザインが登場。

くまのプーさんは北欧スタイルでインテリアを彩ります。

長い間定番の人気を誇るキャラクターたちに加えて、「ディズニーヴィランズ」もやってきました。

アースラや白雪姫の女王、マレフィセントなどの悪役たちが、おしゃれで不気味なスタイルを提供してくれます。

デッドプールも! マーベルをインテリアに

コミックのデザインを中心に、インテリアコーディネートを提案しているマーベル。

話題のデッドプールも登場し、デザインの幅が広がっています。

アイアンマンやキャプテン・アメリカといったアベンジャーズのメインキャラクターはもちろん、スパイダーマンやデッドプールなど、キャラクターグッズだからこそディズニーで提供できるものも豊富に加わってきました。

コレクターアイテムだけでなく、気軽にマーベルグッズを楽しめるようになってきています。

和との融合は得意なスター・ウォーズ

日本の文化からインスピレーションを受けていることもあり、『フォースの覚醒』公開時から和と融合したグッズが多数発売されているスター・ウォーズ。

BB-8がボリュームのつまみとなったレコード、面白い発想の商品が様々な角度から展開されています。

R2-D2の印鑑スタンドは、R2-D2の胸部を押すことで頭から印鑑が飛び出す仕組み。

付属のレイア姫ホログラム型キャップを使えば、『新たなる希望』の有名なシーンも再現できます。