『愚行録』の追加キャスト。左上より小出恵介、臼田あさ美、市川由衣、松本若菜。左下より中村倫也、眞島秀和、濱田マリ、平田満

写真拡大

妻夫木聡と満島ひかり共演で映画化される『愚行録』。この映画の第2弾キャストが発表となり、小出恵介、臼田あさ美、市川由衣、松本若菜、中村倫也、眞島秀和、濱田マリ、平田満の名前が明かされた。

満島ひかり「恋愛模様がありすぎかな」と共演の後輩たちに苦言

本作は、デビュー作「慟哭」で脚光を浴び、「乱反射」で第63回日本推理作家協会賞を受賞。「後悔と真実の色」で第23回山本周五郎賞を受賞した貫井徳郎の同名傑作ミステリーを原作に、オフィス北野が企画・制作し映画化する作品だ。

世間を騒然とさせたエリートサラリーマン一家殺人事件から1年。週刊誌記者の田中が改めて事件の真相に迫ろうと取材を開始する。関係者のインタビューを通してあぶり出されるのは理想的な夫婦の外見からはかけ離れた実像。そして次第に浮かび上がってくる事件の真相とは?

主人公の週刊誌記者・田中役を妻夫木、田中の妹・光子役を満島が演じる。今回発表となった新キャスト8人の配役は後日発表となる。

メガホンをとるのは、ロマン・ポランスキーを輩出したポーランド国立映画大学で演出を学び、本作で長編映画監督デビューする石川慶。脚本を『マイ・バック・ページ』、『聖の青春』などで注目を集めている向井康介が執筆する。

はたしてどんな結末が待ち受けているのか? 『愚行録』は2017年にワーナー・ブラザース映画とオフィス北野の共同配給で全国公開となる。

【関連記事】
妻夫木聡、黒川芽以扮する鬼嫁に戦々恐々で「結婚は当分いいかな…」
[動画]妻夫木聡と北川景子が現場でイチャイチャ!? 監督も入り込めず?
満島ひかり、新人のような気持ちで演じた
満島ひかりが瀬戸内寂聴「夏の終り」に主演、「色っぽく、濃厚な脚本に出会いました」