第19回上海国際映画祭パノラマ部門において、荒牧伸志監督の3DCG映画「アップルシードα」が上映されることが分かった。本作は世界的にも人気があるSF漫画家、士郎正宗の作品に属し、中国で正式に上映するのは今回が初めて。

写真拡大

6月11〜19日まで開催される第19回上海国際映画祭パノラマ部門において、荒牧伸志監督の3DCG映画「アップルシードα」が上映されることが分かった。3DCGアニメの巨匠・荒牧伸志監督が2014年に日米合作で手掛けた長編3DCGアニメ映画で、あの不朽のSFコミック「アップルシード」のリブート映画作品。日本では2015年初春に公開され、4DX版も上映された。実写的でフォトリアル調の映像は、未来そのものに埋没できるようなリアルさを感じさせる。中国で正式に上映するのは今回が初めて。

【その他の写真】

上海国際映画祭実行委員会は入選について「本作品の3Dアニメーション描写はリアルな人間のそれに限りなく近づいており、衝撃力に満ちた戦闘シーンは最高峰の3D技術を取り入れたアニメーション映画『アバター』のジェームズ・キャメロン監督を魅了したほどだ。上海国際映画祭で上映するにふさわしい日本の最新鋭アニメーション作品」と評価している。今回の上海国際映画祭での正式上映に合わせ、荒牧伸志監督自らも上海に赴き、6月16日夜の上映会後、舞台あいさつに登場する予定になっている。

原作の「アップルシード」は、「攻殻機動隊」などで有名な士郎正宗のコミック作品。日本国内のみならず海外での人気も高く、米英のほかイタリアなどでも出版されている。「アップルシード」は第5次非核大戦後の荒廃した世界が舞台で、元SWATの敏腕女性隊員デュナンと、その相棒であり、全身をサイボーグ化した恋人・ブリアレオスの戦いが描かれている。「アップルシードα」では、原作で描かれていなかったデュナンとブリアレオスが理想都市オリュンポスに至るまでの前日譚が描かれている。(編集/内山)