猫がセミ化?話題の「猫セミ」になるまでの写真がコントみたいで面白い

写真拡大

日に日に暑さのますこの頃。関西のあるお宅ではさっそく(?)季節を先取りした猫セミが登場したそうです。ミャーンミャンミャンミャン。ミャーンミャンミャンミャン。

というのは冗談で、猫セミ化しているのは、Twitterユーザー・やしゅうさん宅のソマリのツナちゃん(メス)。やしゅうさんはTwitter界隈で「でかすぎる猫」の飼い主として有名ですが、今回話題なのはでかすぎる猫ことメインクーンのトロちゃん(オス)の相棒。この日もおっとり二匹で遊んでいたところ、どうしたわけか初めてキャットタワーの棒をよじ登り始め、気づけばフリーズ。

【関連:黙れ小僧! 『もののけ姫』モロの君そっくりの猫さんが話題】

それまでの段階は次の通り。

勢いよく登る

耳が困った時(不快な時)の形になる

下を見る

降りられそうにない

諦めてセミ化して救助を待つ

連続写真でみるとその様子がよく分かりますが、注目すべきは「しっぽ」。
1枚目の写真では「やる気まんまんムフー!!!」なしっぽなのに、次の瞬間下をみて我に返り「ハッ!」とした驚きのピーンしっぽに。3枚目では「どうすればいいんだろう」と思案しつつテンションとともにしっぽも徐々にさがり……、4枚目の写真ではまっすぐに垂れ下がったしっぽ……。テンションの変化ががしっぽの高さとともにハッキリとわかります。えっと……中に人入ってますか?

ツナちゃんの連続写真

やしゅうさんはこの段階を近くで見守っていたそうですがあきらめの早さと、最後の「救助を待つ」の姿に思わず「お前はセミか!」と突っ込んだそうです。そして心情そのままTwitterに投稿したところ1万を超えRTされることに。多くの人を楽しませていました。

ちなみに普段の「ツナ&トロ」は、二匹揃っておっとり気質の猫ちゃんたち。しかし、やしゅうさんのお子さん達が生まれるや、突如育児に目覚め「イクニャン」化!!
子供達が寝ればそばで守護神よろしくスフィンクス化……、バウンサーに乗れば足下を手で押さえて固定。常に警戒を怠らないしっかり猫ちゃん達なのです。

勿論二人のお子さんとも大の仲良し。保護者?目線ではあるものの、二匹と二人まるで兄弟・姉妹のように過ごしています。

写真のこの日はたまたま猫だけで遊んでいたためか、我を忘れてちょっとはしゃぎすぎたみたいですね。しっかりもののツナお姉ちゃんにしては珍しい大失敗でした。なお、二匹のイクニャンぶりはTwitterハッシュタグ「#猫と一緒に子育て」に纏められていますよ。

▼協力
やしゅうさん(@FakeYashu