中国で生まれ、日本で発展を遂げたと言っても過言ではないラーメン。中国では日本のラーメンはもはや中国のラーメンとは別物として扱われており、中国にも日式ラーメンのファンは少なくない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国で生まれ、日本で発展を遂げたと言っても過言ではないラーメン。中国では日本のラーメンはもはや中国のラーメンとは別物として扱われており、中国にも日式ラーメンのファンは少なくない。

 米国や英国でも日本のラーメンは人気となっているが、中国のラーメンではなく、日本のラーメンが人びとを惹きつける魅力を備えたのはなぜなのだろうか。もともとは中国のラーメンから派生したはずの日本のラーメンが多くの人を魅了する理由について、中国メディアの中国新聞社は日本の華字紙を引用し、「日本を訪れた中国人旅行客もラーメンを堪能している」と伝えた。

 記事は、日本のラーメンは中国人にとって「尽きぬ魅力がある料理」であると伝え、日本人にとってのラーメンは「中国人にとっての饅頭(マントウ)のように非常に身近な存在」だと指摘。饅頭とは中国の食べ物で、中身が詰まっていない日本のお饅頭のようなもので、中国では饅頭を主食とする場合もある。

 続けて、日本を訪れる中国人が増えていることから、中国人の間でも日本のラーメンが話題になることが多いと伝えつつ、一部では「日本を訪れてラーメンを食べなかったら、せっかくの旅の価値が半減する」といった意見もあると紹介し、それだけ中国人にとって日式ラーメンは魅力的な料理だと紹介した。

 日本のラーメンは中国の本場のラーメンとは違った進化を遂げ、世界中で人気となっている。そして今、本場の中国人たちの舌をもうならせるようになった。これに対して記事は、「日本のラーメン職人が努力と革新を続け、一杯のラーメンで匠の精神の存在を証明した」と高く評価している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)