SDカード対応モデルはファクスや通話録音をたっぷり保存

写真拡大

パナソニックは、振り込め詐欺や迷惑電話の対策機能を強化するなどしたパーソナルファクス「おたっくす」3機種を2016年6月16日に発売する。

呼び出し音が鳴る前に自動で相手に通話を録音する旨の警告メッセージを流せる「迷惑防止」に加え、迷惑電話を着信した際に、受ける側が被害を回避できるよう呼び出し音とともに注意喚起のアナウンスが流れる。

従来モデルから50件増え最大300件まで登録できる「迷惑電話着信拒否」機能などを搭載。それぞれコードレス子機1台付き、2台付きモデルを用意する。

「KX-PD505」は親機の受話器がコードレスで、SD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応、受信ファクスなど画像情報や通話録音などの音声情報をより多く保存できる。カラーはホワイト、ネイビーブルーの2色。

「KX-PD305」は親機(受話器)の音量を従来より大きな音に調整可能なほか、ファクス画像や通話録音を保存可能なSD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応。カラーはホワイト、ピンクゴールドの2色。

「KX-PD205」はSDメモリーカード非対応。カラーはホワイト。

価格はいずれもオープン。