画像

写真拡大 (全2枚)

 サイバーエージェント内の開発組織であるアドテクスタジオは、データフィードマネジメントサービス「CA DataFeed Manager」に在庫連動で配信ステータスを自動変更できる機能「Feed Link」を追加した。

 サイバーエージェント内でアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、データフィードマネジメントサービス「CA DataFeed Manager(シーエーデータフィードマネージャー)」に、新たに在庫連動機能「Feed Link(フィードリンク)」を追加した。

 同サービスでは、企業が保有する自社の商品データに基づき、各広告配信先の仕様に最適化されたデータフィードを生成できる。そして今回追加された「Feed Link」は、検索連動型広告を出稿する企業向けに開発された機能で、企業が保有している商品在庫の変動に応じて運用しているキーワードの配信ステータスの自動変更が可能になる。

 たとえば、商品が売り切れとなり在庫がなくなった場合、検索連動型広告においてその商品に関わるキーワードの配信ステータスが「オフ」に自動で変更される。

MarkeZine編集部[著]