マレーシアのクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画の受注競争には日本、韓国、ドイツ、フランス、そして中国などの国が参加しているが、中国メディアの高鉄網はこのほど、中国は「誠意」をもって、マレーシアとシンガポールと「ウィンウィン」の関係を目指すべきだと主張した。(イメージ写真提供:(C)Jaroonrat Vitoosuwan/123RF.COM)

写真拡大

 マレーシアのクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画の受注競争には日本、韓国、ドイツ、フランス、そして中国などの国が参加しているが、中国メディアの高鉄網はこのほど、中国は「誠意」をもって、マレーシアとシンガポールと「ウィンウィン」の関係を目指すべきだと主張した。

 誠意とは私利や私欲がなく、正直にそして熱心に事にあたる心を指す。そしてビジネスにおいて自分の誠意が相手に伝われば、それは相手の心を動かす非常に強い力となり、相手の信頼を勝ち得ることができる。確かに誠意には、技術の高さやコストパフォーマンスと同じほど重要な価値があると言える。

 では中国は今回の受注競争においてどのように誠意を示そうとしているだろうか。記事は「近年、シンガポールとマレーシア両国に対する中国の投資と貿易は2桁の割合で増加している」と説明、さらに「中国市場は大きく、両国の製品を大量に吸収できる」と指摘。つまり投資と貿易によって、これまでシンガポールとマレーシア両国に利益をもたらしてきたこと、また今後ももたらす意欲と能力があるという見方を示した。

 さらに、マレーシアのクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道建設計画は中国のアジア横断鉄道構想、さらには一帯一路の一部分であると説明。もし今回中国が受注するなら、将来的に東南アジア地域全体における交通はとても便利になり、人や文化の交流は活発になり、地域経済を活性化する重要な作用をもたらすことができると説明した。

 つまり記事は、もし中国が受注するなら今回のプロジェクトがマレーシアとシンガポールにもたらす利益を超えたプラスアルファを両国に与えることができると説明、これが両国に対する中国の誠意であるという見方を示している。

 記事は、中国は高速鉄道受注の見返りとして、利益という形で「誠意」を示すべきだと主張しているが、日本で一般的に考えられるような「誠意」とは違っている。ビジネスである以上は利益面の見返りは重要であり、中国ならではの利益提供の方法とも言えるが、何より重要なのは相手の立場に立つことだ。中国は自国の利益を重視しすぎる傾向があり、過去にはベネズエラでは高速鉄道計画が途中で頓挫するなど、とても誠意があるとはいえない対応を見せている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Jaroonrat Vitoosuwan/123RF.COM)