新作映画の配信サーヴィスとハリウッド、そしてショーン・パーカー

写真拡大

ナップスターで知られるショーン・パーカーが立ち上げた映画ストリーミング配信サーヴィスのスタートアップ・Screening Room。彼らの前には映画業界という「壁」が待ち構えている。

「新作映画の配信サーヴィスとハリウッド、そしてショーン・パーカー」の写真・リンク付きの記事はこちら

この1週間(原文記事は2016年3月18日掲載)、ナップスター共同創設者でフェイスブック設立にも関りのあった起業家、ショーン・パーカーの新しいスタートアップ、Screening Room(スクリーニングルーム)に当てられたスポットライトは、決して明るいものだとは言えなかった。

それもそのはずで、劇場公開と同日に新作映画をストリーミング配信するという彼らのアイデアは、劇場主たちからすると不愉快極まりない話だ。しかし、ハリウッドで最も影響力のある監督には「すばらしいアイデアだ」と絶賛する者もいる。

これまでのところ、Screening Roomという企業に関する情報は限られている。簡単な会社情報概要とちょっと変わったロゴ、そして不気味なBGM音楽がウェブサイト上にあるだけだ。『Deadline』誌によれば、同社はいわばまだ「研究開発期間」だというが、すでにハリウッドの重鎮たちの注目を集めているのは確かだ。

Founders Fund Managing Partner Sean Parker attends the eG8 forum in Paris

ショーン・パーカー。2011年5月。PHOTO: REUTERS/AFLO

例えば、昨年末公開になった『スター・ウォーズ/エピソード8』を劇場で観る代わりに、Screening Roomに50ドルを支払い家で観るとしよう。鑑賞できる時間は48時間だ。『Variety』誌によれば、同社はユーザーに海賊版防止テクノロジーを備えたハードウェアを搭載したケーブルボックスを推奨しており、初回のみ150ドルを請求するという(『WIRED』US版はこれについてScreening Roomに問い合わせたが、回答期限までに返事はなかった)。

こうした変化はハリウッドをも激変させうる。亀裂はもうすでに入り始めており、全米劇場主協会(NATO)は事実上の外部配信停止を文書で求め、インディーズ劇場団体であるArt House Convergenceは海賊行為の危険性を警告した。Screening Roomの株主と報じられているスティーヴン・スピルバーグやピーター・ジャクソン、J.J.エイブラムスらは支持しているようだが、ジェームズ・キャメロンやクリストファー・ノーランは反対を表明している。

いずれにせよ、現行システムに変革が必要なことに変わりはない。チケット売上は横ばいで、DVD販売は下降線をたどっている。製作スタジオは収益の向上を模索し、映画ファンたちは「オンデマンドの世界」に慣れきってしまっている(エンターテイメント分野では特にそうだ)。大劇場で新作をリリースするのは古臭いやり方で、ハリウッドの「最後の砦」といってもいい。

いまはまだ、メジャーな新作映画を観ようとするなら劇場に足を運ぶことになるのだろう──そう、少なくともいまは。映画ストリーミングを自宅で実現するテクノロジーは、すでに存在する。映画を観る側もそれを望んでいるし、幾人かの大物監督もそれに賛同している。

しかし、それでも大きな障害が1つ、立ちはだかっている。それは、人々が「劇場で」払う何十億ドルもの大金の存在だ。

ショーン・パーカーの狙い

映画界の主なプレイヤーとしてあげられるのは3者で、つまり配給会社(ソニーや20世紀フォックスやユニバーサル)、劇場(AMCやリーガル、シネマーク)、そして観客だ。そこでうまく事を運ぶには、Screening Roomのような新規参入企業はこれらすべての関係者から支持を得る必要がある。

だが、実現の前には困難が待ち構えている。劇場主側にとっては、新作映画を同日に提供するホームサーヴィスの成功は、すなわち自らのビジネスが絶たれる、あるいは少なくとも縮小する可能性を意味する。

Screening Roomは、この衝撃を必死に和らげようとしている。彼らは「策」として、「新作映画の公開についての50ドルの売上のうち、20ドルを劇場に提供し、ユーザーには無料の映画チケット2枚を提供する」提案をしているという。配給会社にとって、劇場主は映画を上映し何十億ドルもの収益を世界中で生み出すための「友」と呼ぶべき存在なのだ。

たとえ劇場主たちがこのレヴェニューシェアを受け入れるとしても、劇場主たちにとっては満足できるものではない。劇場は(チケット収入だけでなく)ポップコーンの売上もある。

ざっくり計算をしてみよう。実際の分配率は映画や劇場によって異なるとはいえ、現在のところ、劇場主はチケットの売上を配給会社と折半しているようだとエリアンシュバーグ氏は説明する。全米劇場主協会によれば、昨年のチケット平均価格は8.42ドルだったから、もしあなたが地元のシネコンに『デッドプール』を観に行って8.42ドル支払ったとすれば、劇場と配給会社はそれぞれ4.21ドルずつを受け取ることになる。

Screening Roomが劇場に、映画配信毎に20ドルを支払うのなら、それはすばらしい数字に見えてくる。しかし、映画は1人で観るとは限らないし、友人グループで出かけたとしたら、そのうちの誰かはポップコーンを買うなどするわけで、トータルでみればより多くの金が動くことになる。

RELATED

最大の懸念は、これまで劇場に足を運んでいた「映画ファンの人数が減り始める」のではないかということだ。自宅での映画鑑賞が大々的に始まってしまえば、あなたは劇場へ行かなくなるかもしれない。そうなればインディーズ劇場は閉館に追い込まれうるし、大きな劇場でも、特定の映画のチケットを十分な枚数販売するのはどんどん厳しくなるかもしれない。

劇場主たちは、こうした映画配信サーヴィスによって著作権侵害が増えることも懸念している。ショーン・パーカー自らが立ち上げた、ナップスターの記憶が甦る。「製作スタジオ、配給会社、主要チェーンがこのモデルを採用すれば、海賊版の『山火事』は燃え広がり、映画関連収入は食い荒らされ、映画の利益構造全体が衰退することになる」と、Art House Convergenceは公開文書上で述べている。海賊行為はさらなる海賊行為を呼ぶというのだ。

こと海賊行為について言えば、『Variety』は「Screening Roomのテクノロジーはそれを防止しうる」と伝えている。一方で、「違法コピーをしようという意思さえあれば、手法は何かしら存在する。そして、ホームストリーミングは海賊行為を間違いなく容易なものにする」という声もある。

こうした状況において、映画配給会社はより複雑な立場に立たされている。配給会社はできるだけ映画を観てもらいたいし、お金も使って欲しい。『Variety』は、Screening Roomは収益50ドルの一部を配給会社ともシェアすることになるだろうと伝えている。(映画配給会社にとっては)在宅ストリーミングサーヴィスによって、もっと多くの人々が映画に触れ、そしてお金を支払ってくれる可能性が広がるわけだ。

『X-MEN』スピンオフ映画『デッドプール』は、2016年6月1日に日本公開。

しかし、映画ファンたちは、50ドルを支払って自分1人で映画を観ることはないだろう。家族全員を呼んで元を取れるようにしたり、友人たちと『デッドプール』上映パーティを開いたりするかもしれない。Screening Roomの競合企業が必ず現れて価格競争に突入し、この50ドルは値崩れするだろう。

「このモデルは劇場主にとって『悪』なのは明らかだが、製作スタジオにとっての利点もあまり見当たらない」と、ニューヨーク大学のスターン・スクールでメディアとエンターテインメント産業を専門とする経済学教授ウィリアム・グリーンは言う。

結局のところ、配給会社がScreening Roomからシェアされるであろう利益は、映画館で公開した場合よりも少なくなることを意味する。Screening Roomが配信のたびに20ドルを配給会社へ支払うと考えてみよう。1人、あるいは2人で劇場に行く代わりに家で50ドル払って視聴すれば、配給会社は儲かる。しかし、大人数グループや家族になってしまうとそれが逆転する(劇場主たちとの関係が損なわれる危険性もある)。

「『スター・ウォーズ』は世界中の劇場で20億ドルを売上げました。これがオンデマンドだったなら、どうしたって20億ドルを売り上げられはしないでしょう」と、デジタルマーケティング企業、コムスコアのシニア・メディアアナリストのポール・ディガラディアンは言う。

誰が金を払うのか?

観客からすると、新作映画を自分の好きなときに好きな場所で観られるという選択肢が生まれるのは大歓迎だ。「スター・ウォーズ」は劇場の大きなスクリーンで観たいところだが、『ズートピア』なら家で十分だろう。そして、劇場公開からストリーミング配信まで90日もかかる現行のシステムは、時代遅れで非効率的で時間のムダだと感じるだろう。

「映画ファンの動向をつぶさに追わなければならない」と、南カリフォルニア大学シネマティックアーツ学部講師で、20世紀フォックスの元マーケティングエグゼクティヴであるデヴィッド・ウェイツナーは言う。

「わたしはよく、劇場とストリーミング配信による同日上映をスポーツにたとえている。スポーツにはライヴ中継があるが、野球もアメフトも生き残っている。現地で観戦したければそうすればいいし、テレビで観たければテレビで観ればいい」

ベビーシッターを雇い、劇場までクルマを走らせ、15ドルのチケットを2枚買い、売店で20ドルを払うのは高くつく。Netflixの最新番組を視聴するほうがずっと安くて、簡単だ。だが、それは製作スタジオと劇場主にとって痛手だ。マーケティングと映画製作のコストは上がり続ける一方で、DVDの売上は減少しているのだから。

ウェイツナー氏はScreening Roomのことを、ユーザーの望みに適応しながら、ホームムーヴィー関連の売上減少という問題を解決する素晴らしいアプローチと見ている。

劇場とスタジオはすでに、映画が劇場公開されてから家で観られるまでの期間を短縮することについてを話し合いを進めていて、劇場公開後あまり時間をあけずにリリースする取り組みを行ってきた(Netflixでも『ビースト・オブ・ノー・ネーション』を劇場とオンデマンドで同時公開した)。

「世界が変化していることに疑いの余地はない」とディガラディアン氏は言う。「結局、喜んでお金を支払うかどうか決めるのは、消費者だ。家で映画を観るのは、劇場で映画を観る体験と同じではなく、まったく違う体験を生む」

ハリウッドは観客たちの意見に耳を傾けるし、いつかユーザーの望みに応えるかもしれない。しかし現在のところ、彼らが見ているのは劇場だ。ビッグスクリーンを前に笑みをこぼす映画ファンたちが劇場を埋め尽くすというのが、ある一定の映画製作会社の望む光景なのだ。