写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTデータおよびNTTデータエンジニアリングシステムズ(NDES)は5月31日、日立造船と共同で2016年1月より検討を進めてきた、有明工場の大型機械加工設備の遠隔監視について、5月31日より本格実証実験を開始したと発表した。

実証実験では、日立造船有明工場の基幹生産設備である大型五面加工機の主要部品に複数のマイクを設置し、稼働音データを収集。そのデータは、NTT研究所の音響信号分析技術を利用してNTTデータが開発した「稼働音解析システム」により分析が行われる。

解析システムは、正常時の稼働音をあらかじめ学習し、正常稼働音と実際に取得した稼働音の乖離度合いを自動判定して、設備の異常を検知することが可能となっている。

NTTデータは、稼働音解析IoT技術を活用した稼働音の可視化とデータ収集・解析を行うことで、これまで工場内のさまざまな機械の稼働音や製品の加工音などが入り混じり、ベテランの保全技術者の耳でしか設備の異常音は聞き分けることができないと思われていた異常検知が可能となるとしている。

さらには、高さ10メートルを超えるような箇所の部品に関する稼働音を含めて対応し、設備全体を網羅することでより安定的な運用が行えるようになるという。

実験において、NTTデータおよびNDESは、共同開発した機械加工設備の異常音を検知することで異常状態を把握する稼働音解析IoTソリューションを提供するとともに、IoT技術を活用した生産業務改善に向けたIoTコンサルティングやIoTプラットフォームの提供をはじめとする総合的なIoTサポートを行う。

日立造船は、IoT技術を活用した生産設備の故障予兆検知の実現によって、自社の生産設備に対して適切なタイミングで適切な内容のメンテナンスを実施することで、設備の稼働率向上と保全コスト削減の両立を目指す。