梅雨の肌荒れ対策は2つのことだけ気をつけていればOK!

写真拡大

 梅雨の時期ってジメジメして嫌ですよね。お肌もなんだか部分的に油っぽい、部分的に吹き出物、部分的にカサカサ‥‥みたいな。

 そんな梅雨時でも2つのことだけを気をつけていれば、キレイなお肌を保つことが出来ます。

 1つ目は「念入りな洗顔」です。

 基本となる洗顔はしっかりと泡をたてて洗います。脂性肌の人は全体を2回。部分的にテカリが出る人は、皮脂の多いTゾーンや小鼻だけを部分的に2回洗いするのも良いでしょう。この時期だけニキビ用の洗顔料を使うのも良いかもしれません。

 またこの時期は、皮脂や汗でべたつくことが多いので、一見潤っているように感じますが、実は冷房や除湿、紫外線などの影響で乾燥しやすくなっています。化粧水は一度手のひらで温めて丁寧に肌を押さえ、たっぷりと潤いを与えます。肌がひんやりすると十分に水分が行き渡ったという証拠です。

 2つ目は「ベースメイク」。固形のファンデーションを使い、よれやすい場所、皮脂が多い場所は薄く付けるように注意してください。厚塗りしてしまうとよれて余計にシワが目立ちます。

 お肌を安定させて、梅雨時を乗り切っていきましょう。