作家・長嶋有氏

写真拡大

 鴻海精密工業に買収されたシャープ、不適切会計問題に揺れる東芝など、日本の家電メーカーには厳しいニュースばかりが続いている。しかしながら、長年培ってきた技術力、商品開発力は伊達ではない。中国人が欲しがるのも、やっぱり日本の家電だ。いま一度、「日の丸家電」の強みを見直そうではないか。

 現代文学で描かれる電化製品を語った『電化文学列伝』の著者である芥川賞、大江賞作家の長嶋有氏が、かつての日本家電の魅力と今後への期待を語る。

 * * *
 1980〜1990年代、ソニーを筆頭とする日本の家電メーカーは本当にカッコ良かった。ロボット犬の「AIBO」を商品化しただけでもすごいし、ノートPCの「VAIO」はiMacに負けないデザインだった。当時はゲーム機の覇権をめぐる競争も面白かったし、PHSという日本独自の携帯電話を普及させようとする野心もあった。だが、この10年で目に見えて体力が落ち、元気を失っている感がある。

 変化の一つに「競争がなくなったこと」がある。有名なVHS対ベータだけでなく、テレビゲームやメモリーカードの規格争いなんかも、何でもかんでも争っていた。全体でみれば効率的でないけど、尋常でない意地の張り合いや、個人の思いが商品にも垣間見え、それが面白かった。

 効率を優先していくと、どれも似てくる。ソ連が密かに開発してたスペースシャトルが米NASA版とそっくりだったけど、自動車も家電も自然に画一化され突飛な製品が生まれなくなる。それが今の逆境につながったように見える。

 以前、1980年代の「ウォークマン」の開発者のインタビューで、「こんな華奢な構造で、粗雑に扱ったら壊れないか?」と外国人に聞かれ、「そうならないように扱うんです」という旨の回答をしていた。これは、すごい答えだ。

 日本の障子がそこで思い出される。障子は指で穴を開ければ覗けるし、声も丸聞こえだ。でも丸見えではないし、光が入って部屋が明るくなり、通気性もいい。だから「穴を開けずに、聞き耳を立てずに」使ってくださいというものだ。石造りの西洋建築にはない発想で、日本人は魅力のある製品ならデメリットも享受できる。我慢ができる、しかし面白い商品を求めるユーザーが日の丸家電を育てた。

 また、競争で負けそうになっている側の末期に出てくる製品は絶対にいいものだと僕は考えてる。パイオニアが液晶テレビに負け、プラズマテレビから撤退する直前に「KURO」というハイエンド製品を購入したが、液晶テレビが主流の現在、新製品が出てもいまだにKUROの発色がきれいだと僕には思える。

 最近は残念なニュースが相次ぐ日本メーカーだが、本当に劣勢になったときにこそ魅力あふれる凄い製品が出てくるのではないかと期待もしている。

●PROFILE
ながしま・ゆう/1972年生まれ。2001年『サイドカーに犬』で文學界新人賞を受賞しデビュー。2002年『猛スピードで母は』で芥川賞、2007年『夕子ちゃんの近道』で大江賞を受賞。ほか『愛のようだ』(リトル・モア)など著作多数。

※SAPIO2016年6月号