29日、江西省の高速道路上に事故車両が放置されているのが見つかり、ドライバーが「事故後、いったん帰宅して食事をとっていた」と話していることについて、中国のネットユーザーから疑惑の目が向けられている。

写真拡大

2016年5月29日、中国中央テレビのニュースサイトによると、江西省の交通警察は高速道路をパトロール中、交通事故を起こしたとみられる車両が路肩に止まっているのを発見した。

【その他の写真】

しかし、ドライバーの姿はなく、ナンバーを照会して連絡をとったところ、10分ほどしてドライバーが戻ってきた。「事故を起こした後、いったん家に帰って食事していた」と話している。緊急停止板を置くなど適切な処置をしなかったとして、違反点数6点と罰金200元(約3500円)が科せられた。

このニュースに、中国のネットユーザーからは驚きの声が上がるとともに、疑惑の目が向けられている。

「すごい女だな、尊敬する」
「どうかしている。後続車の安全はおかまいなしか」
「また女の運転か、女は運転するな」
「餓死寸前なほど空腹だったか?」
「『民は食を以て天と為す』って言うからね」

「どう見ても身代わり」
「監視カメラの記録を確認しろ」
「身代わり確定。普通はもっと慌てるだろう」
「十中八九、飲酒運転。明らかに替え玉出頭だ」
「飲酒運転か無免許かで、別人に身代わりさせたんだろう」(翻訳・編集/岡田)