今見たいのは満天の星。しかも寝転びながら都会で、あの人と

写真拡大 (全2枚)

子どものときによく眺めていた、宝石箱のような夜空に、もう一度出会いたい――。

そう願っても、都会で暮らしていると、星の輝きすらなかなか感じることができません。

そんなとき、ぜひ足を運んでほしいのがプラネタリウム。なかでも、2015年12月にリニューアルオープンした「コニカミノルタプラネタリウム"満天"in Sunshine City」には、幻想的な星の世界をたっぷり楽しめるアイデアが満載です。

都会のネオンから一転、静かな夜の世界へ

星空をリラックスして味わいたいなら、新たに導入された2つのプレミアムシートがおすすめ。

人工芝を敷きつめた「芝シート」は寝転んだまま星空をながめることができ、「雲シート」は、まるでふわふわの雲にのっているかのような座り心地です。

さらに、映像もランクアップ。漆黒の空できらめく星々はまるで宝石のように美しく、静かな夜の世界に引き込まれていくはずです。

星空が教えてくれる、今ここにいる奇跡

6月4日からは、『スキマスイッチ 宇宙の奏』を上映。この作品は、累計入場者数400万人突破を記念して行われた、夏のリバイバル上映作品を決める一般投票で、1位に輝いたもの。

ビッグバンからはじまり、太陽系、そして人類が誕生するまでの、138億年もの壮大な歴史を、四季の移り変わりに合わせて表現した映像は、今この一瞬に生きているという奇跡に気づかせてくれます。

音楽は、スキマスイッチが担当。エンディングで流れる代表曲のひとつ「奏〔かなで〕」など、心ゆさぶる楽曲も魅力です。

この作品を見終わったあとは、普段何気なく過ごしている毎日が、星のようにキラキラと輝いてくるにちがいありません。今度の休日は、久しぶりに星空を眺めてみませんか?

『スキマスイッチ 宇宙の奏』
上映期間:2016年6月4日(土)〜9月4日(日)
上映時間:約40分
(10時)・12時・15時・19時 
※7/23(土)〜8/31(水)のみ10時の回を上映

photo by PIXTA