30日、インドで発行されている運転免許証の3割が偽造されたものだという。写真はインド・ムンバイ。

写真拡大

2016年5月30日、インドで発行されている運転免許証の3割が偽造されたものだという。環球網が伝えた。

インドPTI通信によると、同国のニティン・ガドカリ道路交通・高速道路相は「インドの運転免許証の30%が偽造されたものだ」とした上で、「すでにオンラインでのテストを導入しており、取得希望者はテストに合格しなければならない。政治家も役人もスターも例外ではない」と述べた。

インドでは毎年、交通事故で約15万人が死亡している。政府は道路交通法改正を検討している。(翻訳・編集/柳川)