30日、韓国法務部が発表したデータによると、今年4月末現在、韓国に居住する中国人は100万人に達し、過去最多を記録した。写真は韓国・ソウル。

写真拡大

2016年5月30日、韓国法務部が発表したデータによると、今年4月末現在、韓国に居住する中国人は100万人に達し、過去最多を記録した。環球時報(電子版)が伝えた。

韓国・聯合ニュースによると、在韓外国人は全体で197万人を超え、中国人が半数を占め最多だった。中国に次いで多いのが米国人で、ベトナム、タイ、フィリピンが続いている。韓国に居住する中国人の6割超が朝鮮族であり、中国の朝鮮族が韓国に移り住むケースが増加している。中国の朝鮮族が韓国に移り住む理由について報告では「韓国で仕事を探すのが主な要因」と分析している。(翻訳・編集/内山)