『永い言い訳』主演の本木雅弘(上)と挿入歌を担当する手嶌葵(下) (C) 2016「永い言い訳」製作委員会

写真拡大

『ゆれる』『ディア・ドクター』の西川美和監督が、直木賞候補となった自らの書き下ろし小説を映画化する『永い言い訳』。この作品の予告編が解禁となった。

[動画]解禁となった映画『永い言い訳』予告編

本作は、長年連れ添った妻・夏子を突然のバス事故で失った、人気作家の津村啓こと衣笠幸夫が主人公。夏子との間に既に愛情と呼べるものはなく、妻の死のまさにその時、不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、同じ事故で亡くなった夏子の親友の遺族で、トラック運転手の夫・陽一と出会った幸夫は、ふとした思いつきからその幼い兄妹の世話を買って出る。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝きだすのだが……、というストーリー。

本木雅弘が主人公の津村こと衣笠幸夫役を、ミュージシャンの竹原ピストルが事故で妻を亡くしたトラック運転手の陽一役を演じるほか、池松壮亮、黒木華、山田真歩、堀内敬子、深津絵里など、屈指の実力派俳優が脇を固めている。

また、劇中挿入歌となるオペラ楽曲「オンブラ・マイ・フ」を、月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の主題歌「明日への手紙」で大きな話題を読んだ手嶌葵が歌うことも発表された。西川監督が「すべてを洗い流し、主人公を再出発に導いてくれる見事な“最終兵器”」と語る通り、映画の鍵となるシーンに大きな感動を与えており、解禁となった予告編でも使用されている。

今回の挿入歌起用に手嶌は「西川監督の素敵な映画の挿入歌を歌わせて頂き、とても光栄に思っております。ご依頼を頂いた時は、まさかオペラの曲だなんて!と正直驚きましたが、私なりに大切に歌わせて頂きました。たくさんの方にご覧になって頂きたいなと思います」とのコメントを寄せている。

『永い言い訳』は10月14日より全国公開となる。

【関連記事】
[動画]手嶌葵が歌う「Amazing Grace」に注目!LISMO ドラマ『空にいちばん近い幸せ』完成披露舞台挨拶
本木雅弘が『永い言い訳』で、『おくりびと』以来となる映画主演!
本木雅弘、主演作クランクアップ。体重8キロ減で気持ちも軽く自由に!
西川美和監督の「永い言い訳」ほか本屋大賞ノミネート作品発表!