写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車はこのほど、ドイツのニュルブルクリンクにて、「GT-R NISMO」の2017年モデルを初公開したと発表した。ニュルブルクリンクは同車のチューニングや開発を実施してきた場所でもある。

「GT-R NISMO」2017年モデルは、標準モデルと同様、フロントエンドの新しいバンパーが特徴となる。ボディ形状はこれまでの日産車の中で最大のダウンフォースと、超高速域での優れた安定性を実現した。

インテリアは、新デザインのダッシュボードの上層部やステアリングホイール、センターダッシュボードのレイアウトが刷新され、高速域における運転中もモニターをタッチすることなく操作できる新しいディスプレーコマンドコントロールを採用している。

標準モデルのボディ剛性を大幅に向上したことで、「GT-R NISMO」の走行性能も向上した。より高いボディ剛性とダウンフォースが、超高速域まで含めたコーナーリング時の安定性の向上を可能にしている。足回りのセットアップも突き詰めることで、接地性と走行性能も向上。ショックアブソーバーは路面状況や走行条件に対して適切なサスペンションの減衰力と、さまざまなドライビングシーンに応じた高レベルのコントロールを可能にするモード設定型電子制御式の「Bilstein DampTronic」を採用した。

NISMOの経験と技術が生み出したVR38DETTエンジンは、GT3選手権で使用する高流量・大口径のツインターボチャージャーを搭載。標準モデルと同様に、熟練した匠が専用のクリーンルームで一台一台精巧に組み立てており、エンジンのフロント部分に取り付けられたアルミプレートには「匠」の名前が刻まれている。外装色は5種類から選択できる。

(木下健児)