この記事の執筆者
宮原徹氏
日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO。仮想化技術に関するコンサルタントとして長年活動しており、特にベンチマークテストによる性能評価を得意としている。
前回はZabbix 3.0のインストールを行いましたが、監視対象がまだZabbixサーバー自身しか登録されていません。また、障害発生時の通知設定なども行われていません。

そこで今回は、Zabbixサーバーの基本的な設定と、LinuxサーバーにZabbixエージェントをインストールして監視を設定します。

○付け替えIPアドレスを用意

サーバーの監視をする際に、IPアドレスが変わってしまうと監視対象から外れてしまいます。

監視対象のIPアドレスが変更されないように、付け替えIPアドレスを用意して、それぞれのサーバーに対して割り当てることにします。

今回は、以下のようにサーバーを配置します。

付け替えIPアドレスはゾーン毎に5つまで追加することができます。今回はリージョン間で監視を行うので、グローバル側のIPアドレスを追加します。

追加する際に目的別にメモを記入しておくと良いでしょう。 また、Zabbixエージェントの設定時、Zabbixサーバーへの監視ホスト追加時に必要になるので、参照できるようにしておきましょう。

○Zabbixサーバーに付け替えIPアドレスをつける

構築したZabbixサーバーのIPアドレスを付け替えます。IPアドレス時にサーバーの再起動が必要になるので、事前に一旦、OSをシャットダウンして、サーバーを停止しておくと良いでしょう。

ニフティクラウドのコントロールパネルから付け替えたいIPアドレスを選択し、操作メニューから「サーバーにつける」を選択します。

IPアドレスを付け替えたいサーバーを選択します。

サーバーが停止しているのであれば、再起動方法は「再起動しない」に変更しておき、「確認へ」ボタンをクリックします。

確認画面で内容を確認したら、「サーバーにつける」をクリックします。

続きは、ニフティクラウド ユーザーブログよりご覧ください。
(別サイトへ移動します)

続きを読む

〜index〜
・付け替えIPアドレスを用意
・Zabbixサーバーに付け替えIPアドレスをつける
・Linuxホストを準備
・Linuxホストの登録
・通知送信用メールアドレスの設定
>メール送信テスト
>Emailメディアを設定する
>Adminユーザーにメールアドレスを設定する
                                  >アクションを有効にする
                                  >障害発生時のメール通知のテスト
                                  >障害復旧時のメール通知のテスト
○関連記事のご紹介

・Zabbixでニフティクラウドを監視する(導入編)
・Zabbixでニフティクラウドを監視する(Windowsホスト監視編)
・ニフティクラウドAutomationでZabbixサーバーを構築してみた

(マイナビニュース広告企画:提供 ニフティ)