人をダメにするフレンチトースト『カステラフレンチトースト』つくってみた!これは美味すぎ…

写真拡大

ハイブリットとは「異なった要素を混ぜあわせたもの、組み合わせたもの」という意味がありますが、昨今、ハイブリットカーの普及と人気に伴い色々なものに“ハイブリット”という言葉を付け加えるのが流行中みたいです。

というわけで、今回はネットで話題になっていたカステラとフレンチトーストを組み合わせた『カステラフレンチトースト』なるハイブリットスイーツをつくってみましたよ!

【関連:パンの耳でつくる「ぐるぐるフレンチトースト」 簡単豪華でカフェタイムが華やぎそう】

カステラフレンチトーストの材料

材料はカステラ4切れほど、牛乳100cc、卵1個、バター1カケです。牛乳に卵を入れかき混ぜバッドなどに流し込みカステラを1分ほど漬け込みます。それをバターを敷いたフライパンでこんがりでも軽くでも好みの加減に焼いたら出来上がりです。

牛乳に卵を入れかき混ぜ浸し液をつくる。

牛乳に卵を入れかき混ぜ浸し液をつくる。


カステラを液に浸す

カステラを液に浸す


フライパンで両面焼く

フライパンで両面焼く

これ!! フレンチトーストの概念がぶち壊されるほど美味しいですよ! まず、外はカリっとしてるのに中は普通のフレンチトーストの3倍くらいフワフワなんです。もともとカステラが柔らかく甘いために味付不要でしたが、フレンチトーストにすることによって柔らかさが倍増!!
中の砂糖がいい具合にカリっと固まり外側にコーティングされていました。

フライパンで焼いているとき、ひっくり返す際に柔らかすぎて崩れてしまうため、必ずフライ返しを使うようにしてくださいね。病みつきになって食べ過ぎて太らないように注意が必要なハイブリットスイーツ!でもあまりに美味しいのでもしダイエット中の方は、「ダイエットは明日からにして!」と潔くダメな人になって是非一度つくって食べてみちゃってください!

びっくりするぐらいふわふわ

(文:大路実歩子)