中央気象局提供

写真拡大

(台北 31日 中央社)31日午後1時23分頃、台湾北東部の海域を震源とする地震があった。中央気象局によると、最大震度は宜蘭県牛闘や花蓮県和平、南投県合歓山などで観測された震度4。北部・台北市で震度3、南部・高雄市や離島・澎湖県でそれぞれ震度1など、全土で揺れが観測された。

震源は北部・基隆市政府の北東73.1キロメートルの海域。地震の規模を示すマグニチュードは7.2。震源の深さは271.3キロだった。

各地の消防局によると、台北市や新北市、花蓮県、台中市、高雄市ではこれまでのところ、地震による被害は報告されていない。

震度はいずれも台湾基準。

(編集:名切千絵)