ヨーグルトとフルーツソースを組み合わせた2種類のスムージーが登場!

写真拡大

マクドナルドは、“McCafe by Barista(マックカフェ バイ バリスタ)”初となるヨーグルトを使ったドリンクを発売。“McCafe by Barista”併設店舗にて「ストロベリーヨーグルトスムージー」「ストロベリーヨーグルトドリンク」「パッションフルーツヨーグルトスムージー」「パッションフルーツヨーグルトドリンク」(Mサイズ460円、Lサイズ500円)など、スムージー2種類、ドリンク2種類を6月1日(水)から期間限定で販売する。

【写真を見る】マックカフェ併設店で6月1日(水)から期間限定販売される「ストロベリーヨーグルトスムージー」(各Mサイズ460円、Lサイズ500円)

今回登場するのは、爽やかなヨーグルトとフルーツソースを組み合わせた4種類のドリンク。ヨーグルト風味のホイップクリームにフルーツグラノーラを乗せ、さらにフルーツソースをかけるなどトッピングにもこだわった。

「ストロベリーヨーグルトスムージー」は、深いコクと酸味のあるヨーグルトドリンクと果肉入りストロベリーソースを合わせた1杯。グラノーラのサクサク食感と口いっぱいに広がるストロベリーの甘ずっぱい香りが夏にぴったりなスムージーだ。

「パッションフルーツヨーグルトスムージー」(Mサイズ460円、Lサイズ500円)は、ヨーグルトドリンクに風味豊かでほどよい酸味のパッションフルーツを合わせたもの。パッションフルーツのさっぱりした甘さが南国を感じさせるトロピカルな味わいに仕上げた。

この他にも、ヨーグルトドリンクをベースに風味豊かなフルーツソースを合わせ、よりまろやかに仕上げた「ストロベリーヨーグルトドリンク」(Mサイズ390円、Lサイズ430円)と「パッションフルーツヨーグルトドリンク」(Mサイズ390円、Lサイズ430円)も登場。フルーツグラノーラがトッピングされたデザートドリンクは食べごたえも十分なので、朝食にもおすすめだ。【東京ウォーカー】