2016年5月28日、約1年間の改装期間を経て、サイアム地区に大型商業施設「サイアム・ディスカバリー」が戻ってきました。約40億バーツもの費用をかけての大改装、また外装とインテリアのデザインを日本人デザイナー「nendo」の佐藤オオキ氏が担当したということで大きな話題を集めています。オープン2日目に現地へ行ってきた筆者が、面白いと感じた見所などをご紹介させて頂きます。

 

「タイ初」がいっぱい!


IMG_6873

館内に足を踏み入れて、まず目に入ってきたのがこのキューブ。吹き抜けの空間に配置されたキューブを目で追うと、上階の様子が自然に目に入ってきます。上の階には何があるんだろう!と自然とわくわくしてしまいます。本当におしゃれな空間が広がっており、改装前の「サイアム・ディスカバリー」を知る者としては結構な衝撃を受けました。

 
レディス・ファッションのフロアで人だかりが出来ていたのがこちらの透明な試着室「Dressing Lab」。

IMG_6870

白衣を着たスタッフのサポートを受けながら、デジタルな試着が出来てしまうというボックスなんです。自分の個性に合うスタイルを見つけ、それをもとにコンピューターが最適な商品を見つけてくれるという仕組み。こちらで気に入った商品が見つかったら、本物の試着室へGO!試着前にデジタルで色々と試すことが出来てしまうという、ハイテク過ぎる試着室です。

 
1つ上のメンズ・ファッションのフロアには「Social Discovery」という別の体験コーナーが。こちらはInstagramのアカウントをお持ちの方なら誰でも体験ができます。設置された端末に自分のInstagramアカウントを入力、黒幕の先に足を踏み入れると・・

IMG_6843

自分のInstagramの写真が音楽と共に壁一面に1分間表示されるんです。このコーナーのことは事前に知っており、とっても楽しみにしていたのですが、実際に自分が体験すると、思った以上に興奮してしまいました。おすすめのコーナーです。

 

また、入店しているテナントにもタイ初のお店が複数。なかでも日本以外では初となるイッセイミヤケのコンセプトショップは現地でも大きな話題を集めています。

IMG_6867

 

おすすめはライフスタイルコーナー


どのフロアも驚きと発見に満ち溢れていた新「サイアム・ディスカバリー」ですが、筆者が特におすすめなのはインテリア・雑貨を置いた3F「CREATIVE LAB」と趣味のフロア・4F「PLAY LAB」。

どちらも現在のバンコクの流行やバンコクで生活をしている人たちの趣味嗜好をよく反映しているなと感心しました。自転車、アウトドアグッズ、レコードなど、少し前のバンコクではあまり見かけなかった商品がたくさん。

IMG_6882

また、こちらの施設では「エコ」や「サステナビリティ」といったキーワードに沿った商品を販売していくということもあり、関連したワークショップも多数開催されていくそうです。

IMG_6881

IMG_6883

変わり続けるバンコク、進化するバンコクの現在がぎゅっと凝縮されたこちらの新商業施設、バンコクに来られた際は是非立ち寄ってみてください。