夏でも気になる肌の乾燥に"食べるヒアルロン酸"

写真拡大

キューピーは、ヒアルロン酸ナトリウム(ヒアルロン酸Na)を配合し、 "肌の乾燥緩和"を訴求する機能性表示食品「ヒアロビューティー」を2016年6月1日に発売する。

ヒアルロン酸Naは、保水力の高い素材として知られており、食品や化粧品をはじめ、医薬品にも使われており、キユーピーは、 マヨネーズの主原料である食酢の研究で培った発酵技術と、さまざまなヒアルロン酸を高度に精製する技術を活用し、1980年代から30年以上にわたりヒア ルロン酸を製造・販売している

発汗・乾燥の繰り返しや、冷房風、紫外線の影響など、湿度が高い夏でも肌の保湿に気をつかうことは大切だという。

キューピーでは、30〜40代の女性をターゲットに、肌の乾燥が気になる人に向けた「ヒアロビューティー」を開発。肌の水分保持をサポートし、乾燥を緩和する働きがあるヒアルロン酸Naを独自の製法で高純度に精製し、1日摂取量目安3粒あたり120ミリグラム配合した。

キユーピーは15年6月に、肌の乾燥緩和を訴求する機能性表示食品として、1日の摂取目安量あたりヒアルロン酸Na240mg摂取できる「ヒアロ モイスチャー240」を発売し、使用者から寄せられた声から夏でも肌の乾燥に悩む人がいることが分かっていたという。

「ヒアロビューティー」では、ヒアルロン酸Naの量は半分になったものの、手軽に使用できる価格を設定。他にもコラーゲン、セラミド、アルブチン、乳酸菌、5種類のビタミンB群をプラスし体の内側から美容をサポートするようにした。

価格は30日分90粒入り3500円(税込)、14日分42粒入り1800円(同)。キューピーアヲハタネットショップをはじめとする通販で取り扱う。併せて、美容雑誌「VoCE(ヴォーチェ)」とのコラボパッケージも展開する。