30日深夜放送の「これ、もう時効だよね?〜今だから聞いちゃいますけど…〜」(テレビ東京系)で、元光GENJI山本淳一が、現在の生活を明かす場面があった。

番組では、山本に密着したVTRを放送した。山本は、1987年にデビューした伝説のアイドルグループ、光GENJIのメンバーだった。しかし、光GENJIは8年間活動したのちに解散。それから21年の時が経つ。

現在44歳の山本は、解散後さまざまな仕事を転々とした末、4年前から愛媛県松山市の道後温泉街にある飲食店「湯上がりBARおが」で働いているそうだ。

光GENJI時代、20歳のころの年収も明かしたが、放送では伏せられた。画面には「エグすぎる金額」と表示され、スタジオの山里亮太は「ウワーーッ!?」と衝撃を受けたような反応をしていた。現在は、芸能活動のかたわら、ホールスタッフのアルバイトとして月給約20万円で働いているという。

飲食店のオーナーとは以前からの友人で、山本が「一般の仕事がしたい」と相談したことから、働かせてもらうことになったとか。アルバイトとして接客、洗い物、便所掃除などの業務をこなす。道後温泉では、ライブイベントも行い、40人の客が集まったそうだ。

また、最近ではプロレスラーとしても活動を始めた。試合にはファンも駆けつけ、山本は直筆のサイン色紙を1000円で手売りしていた。

スタジオの山里は、飲食店で洗い物などをする山本の姿を見て「ちょっと待って、切ないわ…」「何万人を一回のライブで沸かせてきた男が今…」と漏らしていた。

【関連記事】
諸星和己 ジャニー喜多川氏のSMAP対応にダメ出し「出てくんの遅いよ!」
諸星和己が自虐 光GENJIの元メンバーについて「覚せい剤に結婚詐欺…」
東国原英夫氏が諸星和己のSMAP解散報道への一言に怒り「ものスゴい無責任」