アジア最大級の国際短編映画祭 「ショートショート フィルムフェスティバル」開催

写真拡大

6月2日(木)より、東京・表参道の「表参道ヒルズ スペース オー」ほかの会場にて、アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2016』が開催される。

1999年に誕生したこの映画祭は、米国アカデミー賞が公認するアジア最大級の国際短編映画祭。「ショートフィルム」の定義は様々で、短いものでは30秒程度の作品も含み、アカデミー賞は40分以内、カンヌ国際映画祭は15分以内、同映画祭の規定は25分以内となっている。

今年度は、リオ五輪にちなんで「Cinema Carnival〜Explore Your Emotions〜」をテーマに掲げ、世界100以上の国と地域から集まった約6000本の作品の中から選りすぐりの約200作品を上映。尺が短いもの・長いもの、国内・海外、アニメ、音楽、環境ほか、お気に入りのジャンルの作品を、楽しむことができる。

『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2016』は、2016年6月2日(木)〜6月26日(日)まで、表参道ヒルズ スペース オー、アンダーズ 東京、ラフォーレミュージアム 原宿、シダックス・カルチャーホール、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ、ブリリア ショートショート シアターで開催。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです