北海道・沖縄に続く人気は“意外な県”! 「訪日中国人に人気の県」注目度ランキング

写真拡大

近年増え続ける訪日中国人。

【お金】1位と最下位の差は約3倍! 「東京23区」の所得水準格差

今、都市部よりも沖縄や北海道といった地方都市が人気になっています。

地方都市が人気になった理由やきっかけを深堀り、次に人気となる注目都市を大予想します。

沖縄・北海道が中国人に人気の理由とは?

訪日中国人にとって、沖縄や北海道が大人気。

沖縄・北海道についての書き込み件数の推移を見ても、書き込み件数が増加を続けていることがわかります。

北海道は国慶節×紅葉、春節×雪、桜などで書き込み件数がが急上昇。

沖縄は2015年秋以降、右肩上がりで増加傾向になっています。

両県が人気になったきっかけを見てみましょう。

北海道は、2008年に中国の大ヒット映画で北海道が舞台になったことがきっかけ。

沖縄は、2011年のマルチビザ解禁がきっかけとなりました。

人気に火が付くと、両県とも豊かな自然を武器に人気を拡大。

北海道では雪や海産物、広大な自然でのドライブ体験が訪日中国人の心をつかんでいます。

沖縄は、美しい海やビーチリゾートであることに加え、クルーズ船などによる距離の近さ、訪日外国人対応への

強さも相まって、近場でのリゾート体験を提供しています。

次に人気となるのは何県?

訪日中国人に人気都市となった北海道と沖縄。

では次に人気となる地方都市はどこでしょうか?

成長率で見ると、なんと佐賀県が17,100%で第1位。

伊万里焼や吉野ケ里遺跡、日本三大稲荷神社の祐徳稲荷神社などが多く書き込まれています。

佐賀県以下のランキングを見ても、第2位に熊本県、第4位に長崎県、第5位に鹿児島県がランクインするなど、周辺の九州県が人気。

「爆買い」と呼ばれるように買い物一辺倒だった訪日中国人。

これからの訪日の動機は、自然や観光・文化などに変わりつつあります。