U-23日本代表、リオ五輪直前に開催国優勝狙うブラジルとテストマッチへ

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は31日、7月21日よりブラジルにてリオデジャネイロ五輪直前合宿を実施するU-23日本代表が、同30日にU-23ブラジル代表と国際親善試合を行うことが決定したと発表した。キックオフは日本時間31日の午前4時30分。テレビ放送については調整中だという。

 本番を前に開催国優勝を狙うブラジルと対戦することになった。U-23日本代表を率いる手倉森誠監督は、「勝って勝って勝ち進まなければ対戦できない相手と本大会前にテストマッチをできることは大きいです。五輪本大会の初戦の重要性や難しさを考えれば、このタイミングでブラジルと対戦することはとても大事なことです。チームとしてゲームテンション、インテンシティを高めるチャンスでもあります。選手個々にとっても貴重な強化の場で、良い経験を積めると思います」と対戦決定を喜んだ。

 なお、リオ五輪ではともに4日に初戦を戦い、ブラジルは南アフリカ代表と、日本はナイジェリア代表と対戦する。


●リオデジャネイロ五輪特集