リオ・オリンピック開催は「非倫理的」:ジカ熱リスクで専門家らが発表

写真拡大

ジカ熱が広がるブラジルでのオリンピック大会は「倫理に反する」として、150人以上の専門家たちが開催地の変更や延期を求めた。対して世界保健機関(WHO)は、オリンピックの開催に問題はないと考えている。

「リオ・オリンピック開催は「非倫理的」:ジカ熱リスクで専門家らが発表」の写真・リンク付きの記事はこちら

150人以上からなるさまざまな国の公衆衛生専門家のグループによれば、ジカウィルスを運ぶ蚊が群飛するブラジルが、2016年8月に開催されるオリンピック大会のため外国からアスリートと観客50万人を迎え入れるのは、不必要な健康リスクをもたらすものであり完全に「倫理に反する」という。

このグループは、世界保健機関(WHO)の陳馮富珍(マーガレット・チャン)事務局長への公開書簡で、2016年のオリンピック大会の開催地の変更、もしくは延期を強く主張した。

書簡の付録では、WHOと国際オリンピック委員会(IOC)との「過度に密接な関係」が非難されている。書簡では、WHOがジカ熱を公衆衛生上の世界的な緊急事態だと宣言した数日後に、WHOエグゼクティヴ・ディレクターがオリンピック大会を応援する発言を行ったことが引用されている。

書簡グループによれば、アスリートや来場者は、ジカウイルスを媒介する可能性のある蚊に直接さらされることになる。そのうえ、蚊が活発な季節にたくさんの人が母国に帰国することになるので、ジカウイルスがブラジル以外に広がるリスクが増大するかもしれない。ジカウイルスはまた、性行為で伝染する場合もある。

ジカウイルスはまれに、ギラン・バレー症候群などの麻痺状態を引き起こす可能性がある。また、妊婦の場合は、胎児が小頭症などになるリスクが大きい。

しかし、WHOと米国疾病管理予防センター(CDC)は、オリンピック大会が公衆衛生を脅かすという見方に反対している。WHOは5月27日(米国時間)に発表した声明で、「現在の評価に基づけば、2016年のオリンピック大会のキャンセルや開催地の変更を行っても、ジカウイルスの国際的な拡大に大きな影響はない」と述べた。

CDCも、リオ・オリンピックにゴーサインを出すWHOの姿勢を支持している。CDCのトム・フリーデン所長はBBCのインタヴューで、妊婦は旅行を避けるべきだし、オリンピック大会から帰った男性はセーフセックスに努めるべきだが、大会を予定通りに開催しないという理由はないと主張した。

フリーデン所長は、オリンピック大会がジカウイルスをさらに拡大する可能性があるという懸念には根拠がないと語った。「オリンピックは、すべての移動からするとほんの一部だ」と同所長は語り、「人々はもともと世界中を行き来しており、それを変えるつもりはない」と述べた。そして、必要なのは、健康への脅威を早く見つけて食い止めるシステムを整えることだと付け加えた。

関連記事ジカウイルスは脳組織も破壊する