それストレスかも!「子どもの爪噛み」をピタッとやめさせる方法3つ

写真拡大

小さな子どもが爪を噛む癖はよくありますよね。でも、爪を噛むのは見た目が悪いし不衛生だからやめてほしいと思っている親は多いのではないでしょうか?

一般的に爪を噛むのは、退屈しのぎや、興味本位、ストレスの表れ、カルシウム不足が原因と考えられていますが、もっとも多いのが心のアンバランス、つまりストレスだというのです。

子どもに多い、この爪噛み。一体、どうすれば、やめさせられるのでしょか?

そこで今回は、『WooRis』の過去記事や海外の情報サイト『babycentre.』の記事などを参考に、“子どもの爪噛みをピタッとやめさせる方法”3つをご紹介します。

 

■1:無意識に噛んでいるのを気づかせる

爪を噛んでいるのを見ると、ついつい叱ってしまいますが、本人は無意識に噛んでいることが多いので、言ってもあまり意味がありません。

さらに、爪に何か塗ってやめさせるのも、子どもは“罰”だと感じてしまうので逆効果になり、さらなるストレスを与えかねません。

まずは、子どもがどんな時に爪を噛んでしまっているのかをよく観察し、爪を噛んだ時にそっと肩をたたく、耳元で囁くなどして、子どもにそのことを気づかせてあげましょう。

 

■2:ストレスの原因をつきとめる

学校や幼稚園で進級して新しい環境になった、習い事を始めた、引越しをしたなど子どもは環境の変化に敏感です。

もし心当たりがあれば、是非そのことについてお子さんと話をしてみてください。

話をしていくなかで、子どものストレスの原因がわかれば、その後のケア方法も自然とわかります。また、子ども自身が自分では気づいていない不安要素を吐き出して楽になることもあるのです。

 

■3:気長にサポートしてあげる

心のケアをしてもなかなか爪を噛む癖が治らない時は、子どもが自発的にやめられるようサポートしてあげましょう。

1で前述した通り、子どもが無意識で噛みそうになっているのを気づかせてあげるのが良いのです。そして、噛みそうになったら指をぎゅっと握るなど、噛まないようにするルールをつくってゲーム感覚でやってみると、子どもも親も苦になりません。

もし、お友達に爪噛みを指摘されたら絶好のチャンスです。親よりも友達から言われたほうが、子どもは恥ずかしい、やめなきゃ! と思うもの。この機を逃さずにお子さんのサポートをしてあげてください。

 

以上、”子どもの爪噛みをピタッとやめさせる方法”3つをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

爪噛みは不衛生でもあるので、少しでも早くやめさせたいと思うのが親心だとは思いますが、ぜひ気長に、子どもと対話をしながら治してあげることがポイントです。

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ 管理栄養士もオススメ!「子どもの野菜嫌い」を克服する秘策3つ

※ かゆ〜いっ!分かりずらい「水虫」の症状と予防法7つ

※ 「まいっか」が魔法のコトバ、子育てのストレスに潰されそうな時の対処法3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 「疲労が残りやすい」人オススメ!毎朝のたった一つの習慣とは

※ 91%の人が「顔汗の改善」を実感!今話題の最強アイテムとは

※ 「毛穴の黒ずみ」が消える!? 杉本彩もドはまりの●●がすごいクレンジング

 

【姉妹サイト】

※ 英語力は親からのプレゼント!? 幼い子どもに「英会話を習わせる」か否か…

※ 連続90分以上はキケン!20代30代に激増する「スマホ老眼」予防法3つ

 

【参考】

※ Nail biting: why it happens and what to do about it (ages 3 to 4) - babycentre.

 

【画像】

※ Nancy Hixson / Shutterstock