加賀シルクを使用した贅沢なパジャマ

写真拡大

グンゼ(大阪市)は、「加賀シルク」を使用したサテンパジャマのゴールドカラーを2016年6月初旬に発売する。

石川県加賀市のシルク専業の機屋で、熟練の職人が昔から変わりのない織り機を丁寧に使用して、ゆっくりやさしく仕上げた加賀シルク・ゴールドパジャマ。素材は厳選された最上級6Aグレードの生糸を使用し、タテ糸に生糸、ヨコ糸に撚り糸を使うことで表面はなめらかな光沢を出し、肌面はしっとりとした肌触りに仕上げた。さらに、染色は洗いから仕上げまでじっくりと時間をかけて、できるだけ生地をやさしく染め上げたという。生地は石川、染色は京都、縫製は熊本で行った日本製になっている。

公式通販サイト「グンゼストア」、通販カタログ「CeleStyle(セレスタイル)」で200枚限定で取り扱う。

サイズはM、L、LL、価格は3万円(税別)。