乳酸菌発酵技術を結集した高機能ベースメイク登場!

写真拡大

ヤクルト本社は、エイジングケア化粧品「パラビオ」シリーズから「ACメイクアップベース」「同モイスチュアファンデーション」「同ルースパウダー」を2016年6月1日に発売する。

乳酸菌発酵技術を結集することで、メイクアイテムでありながらエイジングケアを可能にした商品。

シリーズ特長として、肌のラメラ構造に着目して開発された、水相と油相が交互に重なった保湿成分「ラメラ粒子」を配合。乱れがちな肌をすこやかに保ちハリのあるみずみずしい肌へ。また、同社オリジナル保湿成分でミルクを発酵させて得られる乳酸菌「S.E(シロタエッセンス)」を配合。肌本来のうるおい成分である天然保湿因子と似ているので肌によくなじむという。

さらに、乳酸菌からつくり出したヒアルロン酸や、パラビオ(スキンケアシリーズ)と共通のスキンケア成分「月桃葉エキス」「ツボクサエキス」「セラミド」「リピジュア」なども配合している。

美容液のような使用感でファンデーションの美しい仕上がりを長時間キープするクリームタイプの化粧下地30グラム7000円、毛穴、小ジワ、シミなどを自然にカバーする練りタイプのファンデーション8.5グラム全5色1万500円(レフィル8000円・ケース2500円、別売りスポンジ500円)、ファンデーションで仕上げた肌にさらなる透明感を与えるルースタイプのおしろい30グラム1万円(パフ付、別売りパフ700円)をラインアップした。

訪問販売(ヤクルトビューティ、ヤクルトレディ)、通信販売(フリーダイヤル、インターネット、FAXなど)で取り扱う。

価格はいずれも税別。