30日、米大統領選で共和党の指名が確実となったドナルド・トランプ氏のマスク生産で中国の工場が活気付いている。この報道に中国のネットユーザーからさまざまな意見が寄せられている。写真はトランプ氏に関する米紙の報道。

写真拡大

2016年5月30日、米大統領選で共和党の指名が確実となったドナルド・トランプ氏のマスク生産で中国の工場が活気付いている。同氏は雇用問題で中国の製造業に批判的な発言を繰り返しており、この報道に中国のネットユーザーからさまざまな意見が寄せられている。

29日付の界面新聞によると、トランプ氏のマスク生産を手掛けているのは浙江省金華市の工場。通常はハロウィーン用のマスクを主に生産しているが、米大統領選が盛り上がりを見せる中、トランプ氏、民主党のヒラリー・クリントン氏のマスクも投入。いずれもおよそ50万個が売れたが、工場関係者は「最終的な勝者はトランプ氏」と予測し、トランプ氏のマスクがより好調な売れ行きを見せるとの見方を示した。

トランプ氏が批判する中国の工場が同氏に商機を見出したとの話題に、中国のネット上には「誰が大統領になろうが、中国のこの工場がもうかればうれしい」「肖像権の問題はクリアしているのだろうか」「誰が買うの?」「トランプ氏が大統領になったら米国経済はもっと大変なことになると思う」「製造大国」「中国人は何でも作る」「もしクリントン氏が勝ったら大損か?」「民間企業の臨機応変さは普通じゃない」などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/野谷)