海をまるごと切り取ったようなテーブルが見惚れるほどに美しい! 海底まで再現されてる〜!!

写真拡大

海をそのままそっくり切り取って、閉じ込めてしまったかのよう。ルーマニアを拠点とするデザインスタジオ「Eduard Locota」によるテーブル「DELMARE(デルマー)」が持つビジュアルは、まさにそんなかんじ。

真っ青に透きとおる波と、白く光る、空気を含んだ泡。上から見ればそこには砂らしきものがあって、目前に広がる光景は、海底そのもの。ふと海へと深く潜っているかのような錯覚に陥って、いつまでもいつまでも、その美しさに見惚れてしまいます。

【脚は3本のみ】

イタリア語で “海” という意味を持つ「DELMARE」は、限定35台。脚は3本ですが、重心が低く作られているため、安定感は抜群です。

【100%ハンドメイドです】

素材には大理石とアクリルを使用、完全手作業で制作されており、完成までかかる時間は2週間から3週間ほど。

四方から見た眺めがすべて異なるというこちらのテーブル、ミディアムサイズの大きさは長さ90cm、幅60cm、高さ33cm。

このほかにはラージとエクストララージ、自由に大きさを指定できるカスタムと、好みのサイズをチョイスできるようになっています。

【お部屋にいながら「海を眺めている」かのような気分に♪】

お部屋に置いておけば、視界に入るたびに癒されることは確実。海から遠く離れた場所に住んでいても、これがあることで、海をより身近に感じることができるのではないでしょうか。

他には類を見ない魅力を放つこちらのテーブル。お値段は、日本円でおよそ97万円。家具と思うとひっくり返りそうになるほど高額だけれど、芸術品だと思えば納得できるお値段かも?

本物を間近で眺め、触れてみたくなる。「DELMARE」という名前がものすご〜く “しっくり” くる逸品ですね!

参照元:Eduard Locota、Facebook / Eduard Locota、Instagram / Eduard Locota
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る