29日、韓国環境部が「家庭内の空気汚染を最も悪化させる料理はサバの塩焼き」と発表して以降、韓国でサバの人気が急落している。写真はサバ。

写真拡大

2016年5月29日、韓国・朝鮮日報などによると、韓国環境部が23日、「家庭内の空気汚染を最も悪化させる料理はサバの塩焼き」と発表して以降、韓国でサバの人気が急落している。

ソウル市内の卸売市場では、サバ10キロ1箱(上等品)の平均落札価格は23日現在7万3141ウォン(約6805円)だったが、環境部の発表を受け、28日には1万2770ウォン(約1188円)まで下がった。5日間で実に82%も暴落したことになる。市場やスーパーなどでの小売価格も同様で、23日に1尾3649ウォン(約340円)だったサバ(中等品)は27日に3426ウォン(約319円)に、およそ6%価格が下落した。

環境部はこのほど、密閉空間でサバを焼いた際に発生する微細粒子の濃度が、大気汚染情報における「非常に悪い」レベルの30倍近くに上ると発表した。合わせて調理の際に窓を開けたり換気扇をつけたりするなどの対策を推奨したが、市民の間では危険を冒すよりもサバ自体を避ける動きが進んでいるようだ。価格も手頃なため以前はよくサバを買っていたという30代の主婦も、「ニュースを見て、子どもたちにサバの塩焼きを作ってやるのはためらうようになった」と語った。

これについて、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「塩焼きじゃなくて、キムチを加えて煮付けにすればいい」
「サバがそうなら、韓牛や豚肉を焼いても同じことじゃないの?」
「あきれた…」
「とんでもないことが起こった。いや、違うか。とんでもないことが引き起こされている」

「ディーゼル車の方が深刻なはずなのに、環境部が漁師を苦しめてるね」
「熱しやすく冷めやすい民族」
「ニュース1本のせいで庶民の味であるサバまでもつらい境遇に…」
「無知な庶民と無能な公務員」

「おかし過ぎて言葉が出ない」
「今度はサバに責任を押し付けるのか」
「サバを焼く時には換気すればいいと言うけど、中国から飛んで来る汚染物質のせいで窓を開けられないのが問題なんだよ」(翻訳・編集/吉金)