小中学生に占める不登校の割合は1.2%(shutterstock.com)

写真拡大

 学校へ行かない不登校の子どもたちが全国で増え続けている----。

 文部科学省のデータ(2014年)によれば、小中学生1012万736人のうち不登校は12万2902人(継続5万7095人、新規6万5807人)。小中学生に占める不登校の割合は1.2%。1日当たり180人が不登校になっている。

 22年間の推移を見ると、約3万3000人(1993年)から約6万5000人(2014年)に倍増している。不登校は、学年が上がるほど高くなる傾向があり、中学生の急増が目立つ。

 不登校とは、学籍がある子どもが心理的・情緒的・身体的・社会的な要因によって登校しない、または登校したくてもできない状況をいう。

 ゆとり教育からの揺り戻し、学習時間の増大化、部活や塾の長時間化、ゲームやスマホの浸透など、子どもを取り巻く環境が激変し、睡眠不足やストレスが原因の不登校が増えている。また、不登校は心の調整機能、自己回復力の自然な生理現象とされる。いじめを受ける、頑張りすぎる、対人関係が緊張して心身がオーバーヒートするからだ。

 だが、学校に行けなくなるのは心が休養をとるためで、休めば必ず元気になる。不登校になった子どもは、自己肯定感が下がり、気持ちを周りに伝えられなくなるが、不登校になる前にサインを出している場合が少なくない。

 たとえば、子どもは、おなかが痛いなどと体の症状や行動でSOSを発信したり、親から離れなかったり、暴力を振るったりする。感情の起伏は激しいものの、やがて学校に行かないのかを説明できるようになる。

 したがって、親は「学校に行きなさい」と叱らず、子どもの話にじっくりと耳を傾ければ、子どもは信頼感や自己肯定感を保てるだろう。

 しかし、今の時期は、適応障害(AD)の五月病や六月病の季節にも重なっている。夜眠れない、朝起きられない。気が滅入り、落ち込み、勉強に集中できない。

 抑うつ、無気力、不安感、焦りに襲われる。疲れる、食欲がない、やる気が出ない、人に会いたくない......。子どもたちは、ひとりで苦しみ悩んでいる。
不登校の3〜4割は起立性調節障害(OD)を発症

 不登校になった小中学生の3〜4割は、機能性身体疾患である起立性調節障害(OD)を発症している可能性が高いとされる。

 起立性調節障害は、立ちくらみ・めまい・ふらつき・全身倦怠感・失神、夜眠れない、朝起きられないなどの起立失調症状によって生活のリズムが崩れるため、遅刻・早退・欠席を繰り返し、長期欠席・不登校に陥りやすい。

 しかも、頭痛・腹痛・手足の冷え・乗り物酔いなどの自立神経失調症状のほか、思考力・判断力・集中力の低下、イライラ感、午前中の無欲・無気力などの精神症状が続き、体調不良が長期化すれば、抑うつ状態になる。その結果、教師や親への不信感が募り、孤立感が深まるため、不登校からドロップアウトできなくなる。

 このような不登校は、いじめにも通じる。たとえば、学校でのいじめは心的外傷体験となり、大きな心理的ストレスを与え、ストレスが自律神経系に悪影響を及ぼすので、起立性調節障害を悪化させるからだ。

 起立性調節障害を発症すると、朝起きられなくなり、遅刻・欠席が増えるため、いじめのターゲットになりやすい。いじめにあっている子どもは、自分から告白することはない。溜め込んでいるストレスが一気に噴出し、親とのいさかいも増え、精神的に不安定になり、周囲の大人との関係も悪化していくので、自室にひきこもりがちになる。

 子どもは親に甘えたいという気持と反抗したいという気持の板ばさみになっているため、親子関係はこじれたままになる。

 一方、学級担任が起立性調節障害を知らずに、子どもに怠け者のレッテルを貼れば、不登校やひきこもりが膠着する。親子関係の悪化や、教師との信頼関係の破綻が深まると、うつ病を併発するリスクも高まるので、治療が困難になりやすい。

 このように分析すればするほど、不登校は根が深い。精神を安定させる神経伝達物質のセロトニン不足も関わるという仮説もある。親の愛情不足や過干渉かもしれない。学校や教師とのコミュニケーションはとれているだろうか?

 家族と学校の連携なければ、子どもの不登校もひきこもりも防ぐ手立てはない。子どもの態度や状況をよく見極める冷静さ、子どもを親身にフォローするゆとりが必要だ。

 小児科、精神科などの専門機関の診断やメンタルケア、不登校支援センターなどのカウンセリングが役立つかもしれないので、アドバイスを受けてほしい。
(文=編集部)