29日、チャン・イーモウ監督の最新作「The Great Wall」が映画データベースサイトでイスラエルで世界初公開と表記され、注目されている。

写真拡大

2016年5月29日、チャン・イーモウ(張芸謀)監督の最新作「The Great Wall」(中国語タイトル:長城)が、映画データベースサイトでイスラエルで世界初公開と表記され、注目されている。鳳凰網が伝えた。

【その他の写真】

15世紀の中国を舞台にした3Dサスペンス映画「The Great Wall」は、チャン監督にとって初の英語作品。ハリウッドスターのマット・デイモンやウィレム・デフォーをはじめ、アンディ・ラウ(劉徳華)やチャン・ハンユー(張涵予)、ルハン(鹿[日含]/ルー・ハン)、エディ・ポン(彭于晏)ら豪華な顔ぶれが出演している。

映画データベースサイト「IMDb」によると、世界で初上映するのはイスラエルで、今年9月29日公開となっている。中国では今年12月、米国では来年2月の公開が決定しているため、それよりかなり早い時期となる。この情報についてネットユーザーの間では、「米アカデミー賞への出品条件を満たすための操作ではないか」との憶測が飛び交っている。

同サイトではもともと北米での公開日が今年11月23日、スイスが最も早く同9月30日となっていたが、現在ではそれぞれ来年2月17日、同2月24日に変更されている。このため、情報の正確性については信頼できるものとは言えないようだ。(翻訳・編集/Mathilda)