アマゾンで流木をゲットして、飾り棚をDIYしてみた

写真拡大

流木を使った棚のDIYは、部屋の雰囲気が一気に変わるほど、存在感バツグンです。

流木というと、海や川で見つけるの? と思われそうですが、最近はネットで購入可能なんですよ。

流木_オープン収納_ラック_DIY

今回は、探しに行く手間を省き、アマゾンで購入してみました。

こんな風にかわいく包んで送られてきましたよ。

『流木でつくるDIYラック』



用意するもの



流木のDIYラック_1
流木のDIYラック_2


・流木(1本 今回は厚み1.5cm×横35cm×縦6.5cmを使用、アマゾンにて972円で購入)
・ネジ(65mm 2本、コーススレッドという種類)
・電動ドリル
・ドライバー


ネジの種類は、壁の材質によって変えましょう。今回取り付ける壁は木なので、金具はコーススレッドというネジだけです。

ネジ頭の直径は流木の厚みよりも細いものを選んでください。長さは、流木の奥行きの長さと同じくらいの65mmを選択しました。

壁が石膏ボードの場合は、カベタップなどのアンカーを打ってからネジを打ち込んでください。

作り方


流木のDIYラック_3

1. 流木に、使用するネジ頭の直径と同じ大きさの穴を、2箇所開けます。

流木のDIYラック_4

2. 取り付ける壁にネジを打ちます。流木の奥行きの半分、約3.5cmを残して打つようにします。

位置は、流木の穴と同じ位置になるように。水平をきちんととらないと、斜めの棚になるので要注意です。

流木のDIYラック_5

3. 周りにボンドを付けます。穴を開けた際の木くずを混ぜると、穴をふさぎやすいのでなおよしです。

流木のDIYラック_6

4. 流木を差し込んだらでき上がり。

棚の下部に、金具の露出がない造りなのがお気に入りポイントです。

今回は小さめの流木のためネジで大丈夫ですが、その分軽いものしか載せられないのでご注意を。

奥行き20cm以上あるようなぶ厚い板を使う場合には、こういった棚受け金具を使うといいですよ。

ちなみに今回私が参考にしたのはLottss & LotsというWebサイトです。さまざまなDIYを紹介しているサイトなので、興味のある方はぜひ覗いてみてくださいね。