あなたは男か女か? Facebookユーザーの「性別」を正確に推測できるアルゴリズム

写真拡大

6万5,000人のFacebookユーザーを分析した結果、「90パーセント以上の確率で」ユーザーの性別を正確に推測できるアルゴリズムが開発された。

「あなたは男か女か? Facebookユーザーの「性別」を正確に推測できるアルゴリズム」の写真・リンク付きの記事はこちら

ペンシルヴァニア大学「世界福祉プロジェクト」(World Wellbeing Project)などの研究チームは、6万5,000人の「Facebook」ユーザーを分析した結果、「90パーセント以上の確率で」特定のユーザーの性別を正確に推測できるというアルゴリズムを開発した。

『Plos One』に5月25日付けで掲載された論文の共同著者であるマーガレット・カーンは、「われわれの結果は、性別が複雑で多面的で流動的な概念であることを示している」としながらも、「Facebookに自己申告した性別が、人々がFacebook上で自己表現する方法に影響することを表している」と述べている

リリースによると、「女性は、友人や家族、社会生活について書き込むことが多いのに対し、男性は誓いや怒り、議論を巻き起こすような言葉をよく使い、人についてよりはモノについて語ることが多い」という。

また、女性のほうが「思いやりや丁寧さを特徴とする」言葉を使う傾向が高いという。男性は、女性に比べると、感情を交えず、相手との距離をとる言葉を多く使用する傾向があるという。

具体的な例を挙げると、女性がよく使う言葉は、「すばらしい、幸せ、誕生日、娘、赤ちゃん、ワクワクする、ありがたい(wonderful, happy, birthday, daughter, baby, excited, and thankful)。男性がよく使う言葉は、「自由、勝利、負け、闘い、敵(freedom, liberty, win, lose, battle and enemy )」だったという。

RELATED

ただし、女性も、男性と同じくらいに自己主張的(assertive)であることもわかったという。

今回の調査に関与したニューヨーク州立大学ストーニーブルック校の准教授アンドリュー・シュワルツは、「以前のいくつかの研究では、男性のほうがより自己主張的だと示唆されていたが、Facebookでの言葉はそれを反映してはいず、むしろ女性のほうが少し自己主張的だった」と説明した。

「女性がよく取り上げる話題と男性がよく取り上げる話題についてなどのこうした発見は、多くの点で、一般的にいわれる性別によるステレオタイプに適合しているので、特に驚くことはありませんが、コンピューターによる計算を通じてわれわれは、われわれが日常生活のなかで自動的にカテゴライズしているものを、明示的にデータとして見ることができるのです」と、カーン氏は説明している。