代表初選出の小林祐がFKキッカーに名乗り「直訴はします」

写真拡大

 遠慮はしない。日本代表初選出のMF小林祐希(磐田)は得意のFKについて「試合でチャンスがあれば蹴りに行くか」という質問に「直訴はします」と宣言した。「技術的には自分よりうまい選手はいる。でも、蹴った選手しか決められないし、蹴った選手しか外せない。蹴りに行くことが大事」と、堂々と主張するつもりだ。

 今回のメンバーには同じ左足のキッカーとしてFW本田圭佑(ミラン)やMF柏木陽介(浦和)もいる。かつての日本代表では本田とMF中村俊輔がFKのキッカーをめぐって“衝突”した過去もあるが、本田は事前合宿中に「うまければ蹴ればいいし、決めてくれるなら決めてほしい。そこは状況に応じて。自分も自信があったら蹴りたいし」と、そのときの状況で蹴り分ければいいというスタンスを示していた。

 背番号や左利きといったプレースタイル、さらには強気な発言ぶりなどで本田と比較されることもある小林祐。この日の取材でも本田に関する質問が出たが、「本田2世」という呼称については「そんなに年齢も離れてないのに、『2世』はどうかと思う」と苦笑いを浮かべ、「引き合いに出してもらえることは光栄で、うれしいことだけど、昨日も言ったように小林祐希は小林祐希。小林祐希の色を出していければ」と話していた。

(取材・文 西山紘平)