世界保健機関(WHO)が2016年5月19日に発表した「世界保健統計」で、2015年の日本人の平均寿命は83.7歳、日本人女性の平均寿命は86.8歳で、ともに世界一だった。日本は統計をさかのぼることができる20年以上前から連続で首位をキープしている。

男女別では、日本人男性は80.5歳でイタリアと並んで6位だった。首位はスイスの81.3歳、続いてアイスランド(81.2歳)、オーストラリア(80.9歳)などとなっている。また、健康上支障なく日常生活を送れる「健康寿命」も日本人は74.9歳で世界一だった。日本の医療水準の高さを示した形だ。