糖質制限中の人は要注意!実は意外と多い「隠れ糖質」食材とは?

写真拡大

「本格的な夏までになんとかダイエットしなきゃ!」と努力している人も多いこの時期。運動なしで痩せられると流行しているのが、歌手のGACKTさんや蛯原友里さんも実践している「糖質制限ダイエット」。

 みなさんのまわりにも挑戦している人がいるかもしれませんが、本当に低糖質の食材を選べていますか? 一見ヘルシーなのに「実は糖質を含んでいる」なんてこともあるんです。

 その代表が100gあたり345kcalと低カロリーな春雨です。ですが、栄養価は炭水化物が84.6gを占めています。これは原材料がジャガイモやサツマイモから抽出したでんぷん質だから。カロリーは低くても、春雨サラダや春雨ヌードルといった食品を摂っていると、糖質制限ダイエットにはならないのです。当然ですが、イモ類やかぼちゃなども同じです。

 野菜類で言えば、ニンジンや大根、ごぼうに玉ねぎなどの根菜類も実は糖質を多く含む食材。サラダを食べていれば安心というわけではないのです。糖質を制限したいのであれば、ほぼゼロのレタスやホウレンソウなどの葉物野菜を摂るようにしたいですね。

 そしてヘルシーで美容にもいいフルーツ類。確かにビタミン類が多く、健康のためになるのですが、あの甘さは「果糖」と呼ばれる糖質。少量でもたくさんの糖質を取ってしまうことになります。

 糖質は体に必要なものですが、摂りすぎると体脂肪になる一面も。これら「隠れ糖質」な食材にはくれぐれも注意して、上手にダイエットしていきたいですね。