缶詰を使ってすばやく1品。簡単・絶品おつまみレシピ

写真拡大 (全5枚)

パンやカレー、ちょっとしたおかずまで種類が豊富で、開けたらすぐに食べることができ、長期保存も可能な缶詰はとっても有能。



そんな缶詰で、おかずやおつまみを、パッと1品作ってみませんか?

タレントで缶詰博士でもある黒川勇人さんによる、缶詰3種を使った絶品缶詰レシピを、食メディア「Foodie」からご紹介します。

『わしたポーク×おかゆ』






「わしたポーク」は、沖縄県産豚を使用した純国産品。鶏肉をミックスしているので、クセがなく食べやすいのが特長です。

大根やカブと一緒に炊いておかゆにすると、豚肉と鶏肉から出る出汁がきいた絶品おかゆになります。朝食にもピッタリですよ。

材料

・ポークランチョンミート「わしたポーク」(缶詰)
・お米
・水
・カブ


作り方

1.鍋に研いだお米と水、ダイスカットした「わしたポーク」、食べやすく切ったカブを加え、フタをして中火で炊く。

2.一度煮立ったらかき回し、弱火にして約40分でできあがり。

3.炊き上がったおかゆに、塩ゆでしたカブの葉を好みでトッピングして、でき上がり。

『べにさけ茶漬缶×ホットサンド』





「あけぼの特選べにさけ茶漬」は、うまみの強いべにさけを使い、菜種油などを加えてジューシーに仕上げた缶詰です。お茶漬けやおにぎりの具に使えるよう、やや強めの塩味に仕上げてあるので、サンドイッチに使う場合は少量で充分です。

普通のさけ缶を使う場合はマヨネーズを加えたほうが、コクが出てよいですよ。

材料

・「あけぼの特選べにさけ茶漬」(缶詰)
・食パン(2枚)
・バター
・グリーンアスパラガス


作り方

1.グリーンアスパラをゆでておく。

2.パンを2枚1組にして、挟んだとき外側になる面にバターを塗る。

3.中にべにさけとゆでたグリーンアスパラを入れて、ホットサンドメーカーではさむ。焼き目がついたらできあがり!

缶詰をそのまま食べるのもいいけれど、ひと手間加えるだけで、おいしいごはんやおつまみに変身。しかも簡単にできるのも魅力ですね。

野菜とトマトのうまみが詰まった、ワインにぴったりの「トマトサーディン×グラタン」のレシピは、Foodieをご覧ください。

バーベキューで使える! 絶品缶詰レシピ3選[Foodie]