プログラミングを学べるオモチャに必要なもの

写真拡大

レゴを組み立てるように、ブロックをつなぎ合わせるだけでプログラミングができる「Osmo Coding」が発売された。

SLIDE SHOW 「プログラミングを学べるオモチャに必要なもの」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-osmo-codingkit-lead-1024x768

2/13

03-osmo-coding-boys-stairs-1024x768

3/13

04-osmo-coding-brother-sister-living-room-1024x768

4/13

05-osmo-coding-close-up-1-1024x768

5/13

06-osmo-coding-close-up-2-1024x768

6/13

07-osmo-coding-girl-living-room-1024x768

7/13

08-osmo-coding-girl-overhead-1-1024x768

8/13

09-osmo-coding-girl-overhead-2-1024x768

9/13

10-osmo-coding-group-kitchen-1024x768

10/13

11-osmo-coding-group-messy-floor-1024x768

11/13

12-osmo-coding-overhead-boy-floor-2-1024x768

12/13

13-osmo-coding-young-girl-floor-1-1024x768

13/13

Prev Next

優秀なプログラマーは、複雑なコードを駆使しながらも、誰もが直感的に使えるツールをつくり出す。こうしたツールは、スワイプやタップだけで操作できるほど、使い方をマスターするのが簡単だ。ネコでさえ使い方がわかるほど直感的に操作できるものもある。

しかし、ツールを扱うのと同じくらい簡単にコードを作成できる方法を見つけ出すのは難しい。そこで、米企業のTangible Playは、コンピュータープログラムの抽象的な「ブロック」を、実際に手で触れられる物理的なブロックにした。

彼らの狙いは、「オライリー」の本を読まない5歳の子どもでもコードを書けるほど、プログラミング作業をシンプルにすることだ。

Osmo Coding」は、Osmoプラットフォーム(日本語版記事)向けの最新ゲームだ。同社のこれまでの製品と同じように、このゲームも物理的なオブジェクトとデジタルオブジェクトを組み合わせており、子どもたちはiPadを遊びの進行役にしながら、実際の物を使って遊ぶことができる。

Osmo Codingはもともと、ノースウェスタン大学Tangible Interaction Design and Learning (TIDAL) Labの学生だったアリエル・ゼケルマンとフェリックス・フーがプロジェクトとして始めたものだ。工業デザインを学んでいたゼケルマン氏と工学を学んでいたフー氏は、タンジブル学習の研究成果を実際のプログラミングに活かそうとしていた。彼らがつくった初期のゲームは「Strawbies」という名前で、現在のゲームにとてもよく似ている。

「これを設計しながらコーディングを学んでいたとき、わたしはコーディングが難しくないことを直観的に理解しました。これは、物を考える方法のひとつにすぎないのです。わたしたちが教えようとしていたのは、物の考え方、問題解決の仕方だったのです」とゼケルマン氏は言う。現在、ゼケルマン氏とフー氏はどちらも、Tangible Playでフルタイムの従業員として働いている。

Osmo Codingでは、さまざまなモジュール式の磁気ブロックを使用する。数字が書かれたブロックと、「run」(走る)「jump」(ジャンプする)「grab」(つかむ)などのコマンドが書かれたブロックをつなぎ合わせることで、イチゴ好きの小さな怪獣「Awbie」をiPad上で操作する仕組みだ。

ブロックによっては、音楽プレイヤーのリピート再生ボタンのように、コードのまとまりを繰り返し実行できる便利なものもある。また、矢印が書かれたダイヤルを回すことで、Awbieの歩く方向を変えられるブロックも用意されている。

ブロックをBluetoothやWi-FiでiPadに接続する必要はない。アタッチメントが取り付けられたiPadの内蔵カメラが、ブロック上に書かれたすべてのコマンドを視覚的に認識する。ただし、ブロックをつなぎ合わせてつくったコードを実行するには、大きな「play」(再生)ボタンを押す必要がある。このボタンを押すと、ブロック上の2つの小さな丸い穴が開き、iPadのカメラが入力コマンドとして認識する仕組みだ。

数字が書かれたいくつかのブロックを除いて、ブロックに文字は書かれていない。そのため、どんな言語圏の子どもでもこのゲームを利用できる。ブロックを手で並べ替えて色々な組み合わせを試すことができるため、子どもたちが熱中しやすい。

「子どもたちにとって重要な次の学習体験はコーディングだという話が、あちこちで語られています」と語るのは、Osmoの共同創設者でもある最高経営責任者(CEO)、プラモド・シャルマだ。同CEOはCodingを、コンピューターサイエンスの初歩的な考え方や論理を学べるとともに、ゲームを進めながら複雑な考え方を身につけられるゲームだと考えている。「『レゴを組み立てるようにプログラミングができる』といったコンセプト(の製品)はどこにもないと思います。そんな製品があれば子どもたちは夢中になる。コーディングを無理やり学ばせなくても、彼らは自分から取り組みたいと思うようになるでしょう」

「レゴの組み立て方を子どもに教える必要があるでしょうか。彼らは、いつまでも飽きることなく、自ら進んで何かを組み立てます」

Osmoはこのブロックがそれ自体でプラットフォームになることを期待している。つまり、ゲームで遊ぶために使う1つひとつのブロックと同じように、ひとつのゲームがモジュールになるプラットフォームだ。将来的には高度な追加のブロックセットが発売されるかもしれないし、今回の第1弾が将来のOsmoゲームに使われる可能性もある。「どのプラットフォームでもこの言語を使えるようにすることが目標のひとつでした」とゼケルマン氏は語っている。

Codingは、ゲームのみの価格が49ドル。カメラ用アタッチメントとiPad用ベースステーションをまだ持っていない場合は98ドルだ。米国ではApple Storeですでに販売されている。

ちなみに、23歳のデザイナーであるゼケルマン氏は、Apple Storeでフィーチャーされた製品の開発者として最も若い人物となった。