世界各地の優れたレストランを紹介する「ミシュランガイド」の上海版が2016年下半期に発表されることが明らかになった。写真は上海。

写真拡大

世界各地の優れたレストランを紹介する「ミシュランガイド」の上海版が2016年下半期に発表されることが明らかになった。同ガイドブックが中国本土の都市を取り上げるのは上海が初めてだ。

タイヤメーカーの仏ミシュランが手掛けるミシュランガイドはパリ万博が開催された1900年に誕生した。23日付の新聞晨報によると、上海版が新たに加わることに関してミシュラン(中国)投資有限公司のトップは「より多くの消費者にすばらしい独特の体験をもたらしてくれる。上海の美食が全世界の関心を集め、地元の外食産業、観光業の発展に寄与するだろう」とコメント。ミシュランガイドの責任者も「上海は独特の魅力にあふれた街。世界の美食が集まっている。われわれの調査員は読者のために選び抜いたレストランを紹介する」と抱負を語った。

ミシュランガイドは2009年に香港マカオ版が発行されており、これを受けて本土での登場を期待する声が高まっていた。(提供/Bridge・編集/Yamaguchi)