2016年は、各ファクトリーチームの主力ライダーたちが、軒並み契約更改の節目を迎える――。そのため、今年の移籍情報は賑やかになるだろうと開幕前から予測されていたが、第6戦・イタリアGPを前に、有力どころの去就はほぼすべて決定した。

 2月のプレシーズンテスト時に「開幕後レースを数戦走ってみて、自分がどの程度のレベルで戦えるのかを見極めてから、来季以降の判断をしたい」と話していたバレンティーノ・ロッシがヤマハと2017年−2018年の2年更改を早々と発表したのが、3月末の開幕戦・カタールGP。続いて、MotoGPに昇格した2008年以来ずっとヤマハファクトリーで戦ってきたホルヘ・ロレンソが、2017年と2018年の2年契約でドゥカティに移ると明らかにしたのは、4月のスペインGP直前だった。

 例年なら、移籍情報が本格化するのはたいてい6月下旬のオランダGPあたりで、夏休みを挟んで8月半ばのチェコGPを過ぎたころから「三々五々」といった格好で、徐々に各選手と陣営から契約関連情報が発表されるのが通常の流れだ。そのような過去の例と比較すれば、開幕直後から移籍や残留が続々と発表される今年は、異常なほどの早さで事態が推移しているといっていいだろう。

 ともあれ、現ヤマハファクトリーの両選手がそれぞれ来季の所属を明らかにしたことにより、ロッシのチームメイトが果たして誰になるのか、また、ロレンソの移籍先であるドゥカティファクトリーは、アンドレア・ドヴィツィオーゾとアンドレア・イアンノーネのどちらが残ってどちらが出て行くのか......等々、必然的に発生する"玉突き"状況に、にわかに注目が集まることになった。

 なかでも、もっとも大きな関心の的になったのが、現在21歳のスペイン人選手――マーベリック・ビニャーレスの行方だ。ビニャーレスは2013年にMoto3クラスでチャンピオンを獲得し、Moto2クラスに昇格した2014年は2戦目でいきなり優勝。チャンピオン争いを繰り広げて、年間ランキングを3位で終えた。

 2015年からはMotoGPに復帰したスズキとファクトリー契約を交わし、今年で最高峰2年目を迎える。この世界の将来を担う逸材であることは万人の認めるところで、5月8日に決勝レースが行なわれた第5戦・フランスGPでは、MotoGP初表彰台の3位を獲得した。彼を巡るさまざまな憶測や情報が飛び交うなか、第6戦・イタリアGPを目前に事態が一気に動いた。

 決勝レースを週末に控えた5月16日に、まずダニ・ペドロサがホンダとの2年契約更改を発表。翌17日には、アンドレア・ドヴィツィオーゾもドゥカティとの2年契約更新を明らかにした。そして、残留と移籍の間で揺れていたビニャーレスが5月19日に、スズキからヤマハファクトリーへの移籍を発表した。

 その日の午後、ビニャーレスを受け入れることなったヤマハモーターレーシング代表のリン・ジャービスは、ムジェロ・サーキットのパドックで会見を開き、「彼には、チャンピオンになりたいという非常に強い気持ちがある。スターになりたいためにヤマハに来るのではない。金が目的なら、もっと恵まれた環境はいくらでもあっただろう。世界チャンピオンになりたい――という野望があるからこそ、彼は我々を選んでくれたのだと思う」と話した。ビニャーレスの獲得は、やがて数年で現役を引退するであろうロッシの衣鉢(いはつ)を継ぐ才能の獲得という意味で、ヤマハにとっても最高の選択になった。

 また、これと同時に、アンドレア・イアンノーネもドゥカティからスズキへ移ることが明らかになった。これら一連の発表は、移籍先と移籍元の双方でタイミングをすり合わせる必要があるため、実際には発表よりも数日前に合意に達していたであろうことはいうまでもない。

 とはいえ、フランスGPを終えてからイタリアGPまでの1週間ほどのあいだに、流動的だった状況が"ドミノ倒し"のように一気にバタバタと動いたことはたしかだ。その一方で、マルク・マルケスに関しては、更新の発表こそ行なわれていないものの、引き続きホンダで走り続けることは事実上決定しているため、イタリアGP直前に雪崩を打って行なわれたこれらの発表をもって、来季の有力どころの去就はほぼすべて決定したことになる。

 これらの慌ただしい進展に、おいてきぼりを食らう格好になったのが、スズキのアレイシ・エスパルガロだ。

 エスパルガロには、2015年のスズキ復帰以来、ビニャーレスとともにファクトリーライダーとして開発を担いながら、ライバル陣営を懸命に追い上げてきた――という自負がある。ビニャーレスの離脱と入れ替わるようにイアンノーネがやってきたために、チームに残されたライダーのシートはあとひとつになった。そこを目指して、Moto2から昇格を狙う選手たちの情報も何かと取りざたされている。それらの要因があいまって、エスパルガロが来季以降もチームに残留できるかどうかは、極めて微妙な状態になった。

 一連の発表ごとを知ったエスパルガロは木曜の午後、ファクトリーがイアンノーネを獲得したことに歓迎の旨を述べながらも、「自分はスズキにとってもうちょっと価値のあるライダーだと思っていたから、少し寂しいね」と、正直な思いを明かした。

「こんなに早く事態が動くとは思わなかったから、まだ何も(来季に向けた)交渉はしていないんだ。2年間バイクを開発してきたのだから、もう少し僕は大切に扱われているものだと思っていたよ」

 自分が蚊帳の外に置かれたことに釈然としない思いを抱えていることは、彼の表情と口ぶりにはっきりと表れていた。

「(スズキファクトリーの残る1シートの可能性については)まったくわからない。自分にできるのは、コース上でよい走りをすることだけ。僕はスズキ残留を希望しているから、マネージャーにも他と話をしなくてもいい、と言っていたんだ。でも、こういう状況になったからには、こちらも戦略を変更しなければならないだろうね」

 そしてレースウィークが始まり、土曜の予選でエスパルガロはポールポジションと0.682秒差の2列目6番グリッドを獲得した。

「理想はあくまで、2年契約を更改してスズキに残ること。木曜の自分の発言がよかったのかどうかはわからないけど、その後によい話ももらっている」と話し、他陣営と交渉を開始したことも明らかにした。

「万が一、チームが他の選手にシートを与えた場合に備えてね。そうなってほしくないと思うし、ここに残りたいけど、それは(チームマネージャーの)ダビデ(・ブリビオ)と日本側が決めることだから」

 例年になく短兵急(たんぺいきゅう)な動きを見せる今年の移籍市場は、その分だけ、ライダーとチームの双方にとって複雑な心境を抱える時間が長くなる、ということでもあるのだろう。

西村章●取材・文 text by Nishimura Akira