ストレス社会と言われている現代ですが、実はストレスを抱えていることに気づかずにいる方もたくさんいます。しかし、ストレスを発散することなく受け続けていると肩コリ、頭痛、手足が冷える、眠りが浅いなどの症状が現れてしまうことに……。

ストレスがさらに継続すると自律神経の乱れやイライラ、疲れがとれない、食欲がなくなる、便秘や下痢を起こすなどの症状が現れやすくもなります。

そこで今回は、認定心理カウンセラーの資格を持ち、心理美容家として活動する筆者が、“ストレスを抱えないためにやるべきこと”をご紹介します。

■1日5分はリラックスタイムを作ること!

読書やストレッチなど、自分がリラックスできることを、1日5分でいいので時間を作り、やるようにしてみてください。ストレスがかかると白髪になってしまうことがあるように、ストレスはネガティブな影響を及ぼし、体にも現れてしまうことから、老化を早めてしまうことにもなります。

そうならないためにも、リラックスできる時間を大切に、その日のストレスはその日のうちに発散しましょう。

みなさんは、何をしてるときがリラックスできますか? どんなことがリラックスに繋がるのかは人それぞれですが、筆者がオススメするリラックス法をご紹介します。

(1)就寝前に湯船にゆっくり浸る

湯船で体のコリをほぐすと、心も体も休まって癒されます。自分が癒される香りの入浴剤を入れるのもよいでしょう。心や体を癒せるだけでなく、美肌効果もある水素水の入浴剤などもオススメです。湯上りには、忘れずに水分補給を行ってくださいね。

(2)紅茶を飲む

紅茶よりもコーヒー派という方もいらっしゃるかと思いますが、実は紅茶を飲んだあとのほうが、精神的にリラックスすることができると言われています。『美レンジャー』の過去記事「まだコーヒー派?“朝に紅茶を飲む”と3つのイイことがあるらしい」でも紅茶のメリットをいくつかご紹介していますが、紅茶の香りをかいだときに、もうすでにリラックス効果が感じられるのです。

また、紅茶には“カフェイン”だけでなく、“テアニン”という成分も含まれており、この2つの成分を同時に摂取することによって、集中力を高める効果もあります。リラックス効果を感じながら集中力を高めたい時、オフィスのデスクで疲れたときに飲むのもオススメです。

リラックスできると、体の緊張がとれて筋肉がゆるみます。すると、体の疲れがとれるのはもちろん、眉間のシワ改善も期待でき、前向きな気持ちになれるのです。嬉しい効果がたくさんあるので、ぜひリラックスタイムを積極的に取り入れてみてくださいね。