ダイヤモンドをあしらったランドセルもお目見え!「鞄工房山本」銀座店が銀座2丁目に移転オープン

写真拡大 (全4枚)

1949年に奈良の天香久山(あまのかぐやま)山麓で創業以来、一貫製造体制でランドセルをつくり続ける「鞄工房山本」。昨年に至っては、ランドセル13,000本がわずか1ヵ月で完売するほどの人気ぶりを見せるランドセル専門工房だ。

2013年にオープンした同工房の銀座店が、5月31日(火)に銀座8丁目から銀座2丁目に移り、54坪という従来店舗の2倍の広さで移転オープンする。

新店舗には、かぶせの中央に本物のダイヤモンドをあしらった豪華なランドセルも登場。また、ランドセル全ラインナップに加えて、シーズンオフには鞄や財布など、奈良の工房で製造したオリジナル革製品も取扱うという。

「鞄工房山本」らしさを随所に施し、ゆったりとした空間に生まれ変わった銀座店で、職人気質の確かなものづくりを実感しながら買い物を楽しみたい。