火星が「氷期から脱しつつある」証拠、発見される

写真拡大

火星は乾燥した不毛の地として知られているが、約40万年前に氷期が終了し、現在は氷期からの回復のさなかにあるという研究結果が発表された。

「火星が「氷期から脱しつつある」証拠、発見される」の写真・リンク付きの記事はこちら

火星は乾燥した不毛の地として知られているが、約40万年前に氷期が終了し、現在は氷期からの回復のさなかにあるという研究結果が発表された。

サウスウェスト研究所(SwRI)の研究チームは今回、米航空宇宙局(NASA)の火星探査ミッションで収集されたデータを使った。これまで10年間にわたって火星を周回している探査機「マーズ・リコネッサンス・オービター」のレーダーを使ったデータだ。

研究チームはこのデータを利用し、火星極冠の最上部で氷の蓄積が加速していることを確認した(この氷は、水と二酸化炭素が凍ったもの)。火星の氷期は37万年前に終わったとされてきたが、今回のデータによると、それ以降、極冠には約8万7,000立方キロメートルの氷が蓄積しているという。火星では、氷期には中緯度に氷が分布するが、氷期が終わると極冠に集まると考えられており、こうした周期に関するモデルと実際のデータが一致しているという。

SwRIの研究者で、『サイエンス』で公開された報告の筆頭著者であるアイザック・スミスは、「極冠における氷の体積と厚さは、モデルの予測と一致しています」と述べている。

RELATED

地球であれ、ほかの惑星であれ、氷期は、「惑星の軌道や傾きの長期にわたる周期的変化」によって太陽放射が変化することで引き起こされると考えられている。特に火星では、地軸の傾きが時期によって大きく変動し、その変動は地球よりもはるかに大きいことから(数億年単位で最大60度異なるが、同時期の地球の変異は約2度だという)、氷期に関する長期間の周期的変化も、地球と比べてかなり明確に表れるのだという。

「火星では、地軸の傾きの大きな周期的変化にあわせて気候が変動し、変化のたびに氷の分布が変わります。火星は過去、現在とはかなり違う姿をしていたと見られます」とスミス氏は言う。

火星の気候について多くのことを教える今回のデータは、将来の火星探査にとって重要だが、火星は地球の気候科学を理解するための「簡易実験室」的な存在でもある、と研究チームは述べている。

810x453

火星極冠の3次元透視図。気候変化の痕跡がわかる。氷の中の白線は、気候が変わった部分を示している。