中国から日本に伝わり、独自の発展を遂げたラーメン。中国でも日本のラーメンは「日式ラーメン」として、中国本場のラーメンとは区別され、別物として扱われている。そして、中国でも「日式ラーメン」は大人気で、ファンも数多く存在する。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国から日本に伝わり、独自の発展を遂げたラーメン。中国でも日本のラーメンは「日式ラーメン」として、中国本場のラーメンとは区別され、別物として扱われている。そして、中国でも「日式ラーメン」は大人気で、ファンも数多く存在する。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国の麺料理は悠久の歴史を持ち、日本のラーメンの歴史は「たかだか100年ほどで、しかも中国から伝わったもの」としながらも、日式ラーメンのおいしさは「承服せざるを得ない」と指摘し、日式ラーメンに対する愛を綴る文章を掲載した。

 記事は、日本のラーメンについて「中華街から日本全土に広がったもの」と紹介したうえで、日本人の舌に合うように改良された結果、日本を代表する大衆料理となったと紹介。さらに、濃厚なスープを絡めとった麺とチャーシューの組み合わせは「最高」であるとし、「日式ラーメンを食べ終わると馥郁たる満足感が自分を周囲を包みこむ」と、独特の表現でラーメンの魅力を語った。

 また、日本におけるラーメンの味や、人気のラーメン店を複数紹介したうえで、日本のラーメンの旨さの秘訣は何と言っても「スープ」にあると指摘。ラーメンを食べる際にはまずスープから味わうのが良いと紹介し、日本のラーメンは「ひとくち食べれば天にも昇る心地」になり、「この世の至福」を味わうことのできる料理であると大絶賛している。

 近年、日本のラーメンは米国や英国でも大きなブームとなっている。特筆すべきは、決して安価ではないにもかかわらず、現地の人びとがラーメンを食べるために列を作るほどの人気であるということだ。中国でもこれだけの熱烈な日式ラーメンファンがいる以上、一大ブームが起きる可能性もありそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)